日光浴のメリット。ヨーロッパの人はなぜ日光浴するの?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『日光浴のメリット。ヨーロッパの人はなぜ日光浴するの?』をご紹介させて頂きます。

日光不足は「生まれた子ども」に影響?

美肌とは、
(1)キメが整い
(2)うるおいがあり
(3)ハリのある お肌をいうそうです。
肌が白いとか、黒いとかの要素は入っていないのですね。最近は、美肌ブームのために、過度に日光を恐れて生活する女性が多いといいます。そういえば、「日光浴」という言葉もあまり聞かなくなりました。

日光に当たるのを極端に避けると「ビタミンD」が不足します。ここ数年は、「ビタミンD欠乏症」の女性が増えています。
ところがその影響は、本人だけでなく、生まれた子どもにあらわれているのです。新生児の約20%にビタミンD欠乏の傾向があるという調査報告もあるくらいです。

そのため、「くる病」や「低カルシウム血症」にかかる子ども(乳幼児)の数が年々増加傾向にあります。いずれもビタミンD不足による病気です。

骨を丈夫にし、発ガン抑制にも

日光浴というと、紫外線を心配する声があります。太陽が放出する太陽光線のなかには、目に見えない「紫外線」が含まれています。私たちの肌に大きな影響を及ぼすことでも知られている光線です。Ultra Violetを省略した「UV」と呼ばれることが最近は多く、曇りや雨の日でも降り注いでいるのが特徴です。

紫外線はお肌のシミやそばかすの原因になるばかりか、皮膚ガンを引き起こすとも言われ、問題視されています。一方で、紫外線を浴びることで、体内にビタミンDが生成され、骨が丈夫になることは以前から分かっています。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、骨の成長と健康維持に大きな働きをします。その他、免疫向上・糖尿病予防・発ガンの抑制にも一定の効果がみられています。

日光浴で「ビタミンD」が作られる

骨を丈夫にするビタミンDは、紫外線を浴びることで生成されます。体内で合成できる唯一のビタミンで「太陽のビタミン」とも呼ばれています。食事から摂取することもできますが、その割合は、太陽光で約90%、食事で約10%といわれています。

室内で太陽光を浴びても、体内でビタミンDは作られません。窓ガラスを通して浴びても効果がないのです。もちろん、日焼け止めクリームを塗った肌からは、ビタミンDは作られません。できるだけ外に出て、日光浴を行うことが大事です。

日光浴は「幸せホルモン」が増える

日光を浴びることで作られる物質に「セロトニン」という化合物があります。脳内神経伝達物質の1つで、やる気や集中力を作る「ドーパミン」の仲間です。

セロトニンは、分泌されることにより、精神を安定させ、幸福を感じやすくする効果があるため、「幸せホルモン」とも呼ばれています。うつ病予防に役立つ物質としても知られています。太陽の光を浴びて、セロトニンが生成されると気分の安定が期待できます。

日光浴で「生活の余裕」を見せる?

日本人とは対照的に、今でもヨーロッパの人が日光浴を好むのは、適度に焼けた肌は、バカンスを楽しむ生活の余裕や、裕福さを周囲に示すためといわれています。いわばステータスの象徴というものでしょうか。

それに、古くから不眠やうつ病、自閉症の予防として「日光浴をする」習慣が身に付いているからでしょう。実際、北欧では日照時間の少ない冬場に、不眠をうったえる人が増えるようです。

「1日に15分」を試しては!!

紫外線は、皮膚ガンなどのリスクを指摘されますが、大きなメリットもあります。次のように、効果的な日光浴を試してみてはいかがでしょう。

・1日に15分間、週に3日程度行う
・お肌の約20〜30%を露出する
・日焼け止めクリームは塗らない

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る