「インナーマッスル」と「体幹」の違いとは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『「インナーマッスル」と「体幹」の違いとは? 』をご紹介させて頂きます。

筋肉の「半分以上」は自分で動かせない

人間の体をつくる筋肉は、おもに
(1)体を動かすための「骨格筋」
(2)内臓を作る「平滑筋」
(3)心臓を作る「心筋」 の3つに分類されます。

骨格筋は、自分の意志で動かすことができ、運動などで鍛えて増やすことのできる筋肉です。一方、平滑筋と心筋は自分の意志では動かすことのできない筋肉です。

人間の筋肉は、体の中心部(骨に近い部分)から何層にも重なって構成されていますが、それを全部合わせると「約600種類」にもおよびます。そのうちの約40%が骨格筋です。つまり、私たちは自分の持っている筋肉の半分以上は、自分の意志で動かすことも、鍛えることもできないのです。

インナーマッスルは「全身」にある

体の表面を触って確認できる筋肉を「表層筋」といいます。または「アウターマッスル」との呼ばれます。それに対して、体の中心に近い筋肉を「インナーマッスル」といいます。体の奥深くにあることから「深層筋」という名前で表現されることもあります。

インナーマッスルというと「=腹部」のイメージを持っている人が多いようです。しかしインナーマッスルは、体の深い部分にある筋肉の総称であって、筋肉の場所ではなく、深さをあらわした言葉です。したがって、腹部だけでなく、背部、腕、脚などインナーマッスルは全身に存在しています。

体幹とは「胴体」のこと

近ごろは女性のあいだでも、体幹トレーニングに関心を持ち、そして実際に行っている人が増えています。体幹を鍛えることで、「姿勢がきれいになる」、「太りにくくなる」、「ボディラインが美しくなる」などと言われています。

では体幹とは、具体的に体のどこを指すのでしょうか。体幹は、全身から頭、両腕、両脚除いた「胴体」のすべての筋肉をいいます。そのため、体幹にはインナーマッスル(深層筋)も、アウターマッスル(表層筋)も含まれています。ですから、体幹トレーニングは、腹筋や背筋を中心にインナーマッスルとアウターマッスルの両方を鍛える運動です。

内臓を正しい位置に戻す

もともと体幹トレーニングは、スポーツのパフォーマンス向上を目指すアスリート向けの運動とされてきました。ところが、姿勢がよくなる、ウエストが細くなる、基礎代謝が上がって太りにくい体質になる、などの美容効果が期待されることから、一般の人、特に女性のあいだで注目が集まっています。

一般的に体幹トレーニングは、負荷をかけた動きを短い時間で行う運動が主体です。一方、体幹にあるインナーマッスルを鍛えるには、負荷の少ない動きをゆっくり繰り返し行う運動が主体です。継続することで、内臓群を本来の正しい位置に戻し、体のバランスをよくする効果があります。内側からきれいにするには、体幹のインナーマッスル・トレーニングが期待できそうです。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る