白内障と緑内障は、どう違う?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『白内障緑内障は、どう違う?』をご紹介させて頂きます。

名前が似ていても「まったく違う」病気

白内障緑内障は、どちらも同じ目の病気です。2つの病気は、名前がとても似ていますが、まったく違う病気です。症状の違いでいうと、「白内障」霧がかかったように物がかすんだりぼやけて見える病気です。一方、「緑内障」はしだいに視野か欠けていく病気です。

白と緑の色の違いはあっても、そのあとに続く「内障」という言葉が同じであることから、近い病気であるように誤解されているようです。内障というのは、目の病気にかぎらず、肘内障、膝内障など他にも使われています。内側に障害が起こっている状態をさす病気のようです。

黒目のレンズが「白く濁る」白内障

白内障は、眼の中にある水晶体と呼ばれる透明なレンズが「白く」濁ってしまう病気です。そのため視界が白くぼやけます。水晶体はカメラでいうとレンズにあたります。黒目をのぞくと中心に瞳孔という穴がありますが、そのなかに水晶体はあります。

<近頃まぶしいと感じたら>
水晶体が濁ると、外からの光を通しにくくなり、網膜に正しい像を映すことができなくなります。痛みをともなうことはありませんが、進行すると(1)視力が低下する、(2)光がまぶしい、(3)夜や室内で物が見えづらい、(4)物が二重三重に見える、などの自覚症状があらわれます。

<年を取るとなりやすい>
原因の多くは「加齢によるもの」といわれています。実際、白内障患者の約85%以上は65歳以上の高齢者です。眼科では、点眼薬での治療から始めることがほとんどですが、これは白内障の進行を遅くする処置です。しかし、手術をすることで多くの人は、視力を回復しています。

失明原因の「第1位」は緑内障

緑内障は、「眼圧の上昇」や「視神経の障害」によって、暗点(見えない場所)が視野のなかに出現し、視野が欠けてしまう病気です。なぜ「緑」なのかは諸説あるようで、欧米人の緑内障は目が緑に見えるという話もあります。

<自覚症状がないのが怖い>
緑内障が進行すると、視野の欠ける範囲は広がり、テレビ画面の一部が見えなくなるなどの症状が自覚できます。しかし、自覚症状を感じたときには末期的な状況であることも多く、失明に至ることがあります。日本での失明原因第1位は、緑内障です。

<薬で進行をおさえる治療>
検査で視野の異常が見つかったら、すみやかに治療を行いましょう。緑内障の治療は、点眼薬を中心とする薬物治療で、眼圧を下げて視野障害が進行しないようにする処理をします。

▶︎医師が薦める「眼科疾患」の名医情報なら【名医ログ】

▶︎医師が薦める「白内障手術」の名医情報なら【名医ログ】

▶︎医師が薦める「緑内障手術」の名医情報なら【名医ログ】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。