歯周炎シシュウエン

歯周炎はどんな病気?
歯周炎は、歯肉炎から進行します。症状が進むと、歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜といった歯周組織が徐々に破壊されていきます。症状としては、歯がぐらぐらしたり、噛みにくくなったり、噛みあわせると痛みが出たりします。また、腫れて出血したり口臭が強くなるなどの症状を伴います。重症になると歯を維持できなくなり、抜歯しなくてはならない場合もあります。


歯周炎の症状
歯周炎の症状には見た目に現れるものもあります。まず歯茎が腫れ上がります。全体的に歯茎が赤みを帯びて歯と歯茎の境目が腫れているのが分かります。そして歯茎の下がりです。歯茎が下がり歯の面積が広くでている状態です。痛みはないですが、指で歯茎を押してみると内部から白い膿が出てくる時もあります。白い膿がたまり口から悪臭がします。

歯周炎の原因
歯周炎の原因の多くが、歯周病菌によるものだということが医学的に証明されています。つまり歯周病菌を抑制することができれば歯周病を防ぐことができるのです。そのためには食事の後に必ず歯磨きをすることによって歯周病菌を増殖するのを防ぐ必要があるのです。簡単にできる予防法で歯周病を予防できるので歯磨きを習慣化させるようにしましょう。

歯周炎の検査と診断
歯周炎の検査方法が歯周ポケットの診査と呼ばれるプローピングです。この検査で歯周病の進行度を正確にはかることができます。またレントゲン検診でも歯周病の進行度をはかることができます。レントゲン検診では歯周病の状態が一目瞭然でわかってしまいます。またもう一つの検査は清掃状態の検査があります。専用の検査薬を口に含んで吐き出した後に付着した歯垢によって判断する方法です。

歯周炎の治療方法
歯周炎は、薬では治せません。薬は症状を抑えるために使用します。原則的に、治療法として、まず原因となっている歯周病菌を機械的に取り除く原因除去療法が行われます。具体的には、歯周病菌が表面に付着した歯石を取り除く、スケーリングを行います。歯石自体は非常に硬いため、超音波スケーラーや、スケーラーと呼ばれる器具で取り除きます。

歯周炎の初診に適した診療科目

歯周炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

歯周炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ