老人性色素斑ロウジンセイシキソハン

老人性色素斑はどんな病気?
老人性色素斑とは、中年以降に現れるほぼ円形のシミのことです。そばかすのように細かいものから数cmのものまで大きさは様々で、顔や手、腕などの日光に当たる部分にできることが多いです。皮膚の老化現象の一環ですが、日光との影響が大いに関係していると言えるので、若い頃から皮膚を日光にさらさないようにすることで予防に役立つと考えられています。


老人性色素斑の症状
老人性色素斑は、年齢とともに出てくるいわゆる「しみ」ですので、紫外線が多く当たる部分にメラニンがチ沈着して、このような症状が現れます。基本的に茶褐色をしていて、大きさも様々です。年齢が進むに連れて濃くなったり大きくなったり成長していきます。30代ころから見られるのが通常ですが、早い方ですと20代から茶褐色のしみが、現れる場合もあります。

老人性色素斑の原因
老人性色素斑の原因は、メラニン色素の増加によるものです。中年以降の年齢になると、この病状が表れることが知られています。しかし、なぜメラニン色素が増加するのか、そのメカニズムは現在においても判明していません。紫外線が当たる場所にメラニンの増加が多く見られるため、過去に浴びてきた紫外線が要因となって、この病状が引き起こされるものと考えられます。

老人性色素斑の検査と診断
老人性色素斑を若年性のいわゆるシミやソバカスなどと区別するためには、総合的な検査方法を用いる必要があります。基本となる検査は目視による皮膚の状態の確認です。観察される色素斑が老人性のものであるかどうかは、その色や形、大きさや、それがどの部位に多くみられるのか、そういう複合的な状態を考慮したうえで、一定の目安にしたがって判断することになります。

老人性色素斑の治療方法
老人性色素斑、いわゆるしみのことですがこのしみの治療法として行われているものは、美白成分を使用した手入れ、フォトフェイシャル、レーザー治療などがあります。レーザー治療は、高額な費用がかかりますが、一度の施術でしみが取れる場合もあります。フォトフェイシャルはしみだけではなく美肌効果もあります。美白成分ハイドロキノンはできてしまったしみに効果のある成分でこれを使用しケアします。

老人性色素斑の初診に適した診療科目

老人性色素斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

老人性色素斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ