急性痒疹 (ストロフルス)キュウセイヨウシン

急性痒疹 (ストロフルス)はどんな病気?
急性痒疹(ストロフルス)は、皮膚の炎症を示すもののうち、一ヶ月以内に治癒するものを指します。この病気は幼児に起こる事が多く、虫刺されの後に発祥することがよくあります。その原因として、虫刺されに対する免疫の過剰反応であると考えられます。また他にも、血液疾患や胃腸の障害などのような他の病気が原因となって引き起こされるということもあります。


急性痒疹 (ストロフルス)の症状
急性痒疹(ストロフルス)の症状の現れ方としては体にかゆみを伴い所によっては強く痒みが出ます。炎症を起こすため1ヶ月以上かかるものがありますがその場合は慢性の痒疹となり急性の場合は1ヶ月以内で治るものをいいます。成人がかかるより子供にかかることが多く乳幼児に多く発症します。痒疹の塊が体の数箇所に出てくるため最初はかゆみとして現れてもその後炎症を起こして赤くなってきます。

急性痒疹 (ストロフルス)の原因
急性痒疹(ストロフルス)の原因は蚊などの虫に刺されたあとになることがあり体の中からアレルギー反応を起こすことがあげられます。子供の場合は特に外で遊んでいるときに刺されてそのあとにアレルギーを起こして体のあちこちに痒疹ができます。場合によっては他の病気の影響でなることもあり、生活習慣病や血液疾患になったり肝臓が弱ってきたときにもなりやすいです。

急性痒疹 (ストロフルス)の検査と診断
急性痒疹(ストロフルス)の原因は蚊などの虫に刺されたあとになることがあり体の中からアレルギー反応を起こすことがあげられます。子供の場合は特に外で遊んでいるときに刺されてそのあとにアレルギーを起こして体のあちこちに痒疹ができます。場合によっては他の病気の影響でなることもあり、生活習慣病や血液疾患になったり肝臓が弱ってきたときにもなりやすいです。

急性痒疹 (ストロフルス)の治療方法
急性痒疹(ストロフルス)の検査方法として、皮膚に出現している発疹の一部分を切り取って、顕微鏡で組織を調べる組織検査が行われます。また、この発疹は、糖尿病が原因で出現している可能性や、胃腸障害や肝臓病、血液疾患などが原因で出現している可能性があるため、問診の結果によっては、これらの病気を発症していないかを調べるために、血液検査が行われることもあります。

急性痒疹 (ストロフルス)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

急性痒疹 (ストロフルス)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ