キーンベック病 (月状骨軟化症)キーンベックビョウ

キーンベック病 (月状骨軟化症)はどんな病気?

キーンベック病は、手首にある手根骨の1つの月状骨がつぶれて扁平化する病気です。原因は不明ですが、手を良く使う職業の人に多く見られます。症状としては、手首に痛みと腫脹が見られ、手首の動きが鈍くなり、握力の低下が見られます。初期の治療は安静やギプス、装具などでの固定が行われますが、回復が望めない場合は手術による方法もあります。末期の治療では摘出手術や腱球挿入を行う方法もあります。



キーンベック病 (月状骨軟化症)の症状
キーンベック病とは月状骨に特有な硬化像や圧壊像を示す骨壊死で、手関節の痛み、はれなどが症状として現れます。自然に回復することはないので、そのまま放置すると破壊が進行して軟骨により障害が生じてしまい、痛みやはれがより悪化するので日常生活に多大な支障をきたしてしまいます。利き手が右手の人が多いからか、右手に発症することが多いです。

キーンベック病 (月状骨軟化症)の原因
キーンベック病の原因は、月状骨への血流の障害によって発症します。手の関節内にある月状骨への血行に関して何らかの滞りが起こることによって、月状骨が硬化や圧壊による壊死を引き起こします。こうした月状骨への血流の障害の要因としては、手への外傷を繰り返すことや、あるいは手を酷使することにより、引き起こされるということがあります。

キーンベック病 (月状骨軟化症)の検査と診断
キーンベック病の原因は、月状骨への血流の障害によって発症します。手の関節内にある月状骨への血行に関して何らかの滞りが起こることによって、月状骨が硬化や圧壊による壊死を引き起こします。こうした月状骨への血流の障害の要因としては、手への外傷を繰り返すことや、あるいは手を酷使することにより、引き起こされるということがあります。

キーンベック病 (月状骨軟化症)の治療方法
キーンベック病とは、月状骨がつぶれて扁平化することで握力が低下したり、手首の動きが悪いといった症状があらわれる手関節の病気です。もともと月状骨は血行が乏しく、血流障害になり壊死しやすい部位です。この病気の検査方法は、X線検査やMRI検査により月状骨の輝度を調べる方法が一般的です。あわせて手を使った後に手首に痛みを感じたり圧痛や、握力の低下の有無などを検査します。

キーンベック病 (月状骨軟化症)の初診に適した診療科目

キーンベック病 (月状骨軟化症)の専門外来

キーンベック病 (月状骨軟化症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ