胆管がんタンカンガン

胆管がんはどんな病気?
胆管がんは、胆管ががんになる病気です。この胆管が形成された胆汁を肝臓に運んで、脂肪の消化やたんぱく質の消化を助けてくれます。胆菅ががんに侵されるとになると、脂肪が分解されないので、体内に異常にたまってしまいます。胆管ががん細胞によって詰まってしまいますので、末期がんになると激しい痛みと苦しみを伴います。免疫療法で完全治癒したという症例もあります。


胆管がんの症状
胆管がんの症候は、がんの局所性発育による症候、隣接臓器への浸潤による症候、転移による症候および悪液質による症候からなります。50歳以上に多く発生し、男性が少し多い病気のひとつです。主要症状は、持続する黄疸、上腹部鈍痛、食欲不振、体重減少、悪寒・発熱、肝腫大であります。この病気の治療方法は、早期ならば外科的に切除します。

胆管がんの原因
胆管がんの原因は、肝内結石ができてしまったり、それに関連している慢性感染がおきてしまい、その炎症ができてしまうなどすることで発生する病気とされています。また細菌ではよくニュースになっていることとして、印刷関係の仕事で利用する化学物質も大きな影響を与えているということが発覚しており、有機溶剤に使われているジクロロプロパンなどの物質も危険であるとされています。

胆管がんの検査と診断
胆管がんの検査方法は大きく分けると2つの種類があります。ひとつは画像検査です。画像検査として行われるものは、腹部に超音波を当てて映像化する超音波検査や、X線を体外から照射することで体内の様子を見るCT検査、ガン細胞の有無や転移なども調べることが出来るPET検査などがあげられます。もうひとつは血液検査です。血液検査では腫瘍マーカーなどが行われます。

胆管がんの治療方法
胆管がんの治療法は手術と化学療法、放射線治療となります。この疾患の根治的治療には手術療法が1番有功だといわれています。腫瘍の存在部位により非常に難易度が高い手術になりますが、手術が可能であるならば積極的に手術治療を受けることがよいといわれています。化学療法は抗がん剤治療になります。放射線治療はがんの進行がとどまっている場合に抗がん剤と併用して行うことがあります。

胆管がんの初診に適した診療科目

胆管がんの専門外来

胆管がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ