カルチノイド症候群カルチノイドショウコウグン

カルチノイド症候群はどんな病気?
がんのような腫れ物であるカルチノイドがつくり出すセロトニン、ヒスタミン、ブラディキニンなどの化学物質によって起きる症候群です。


カルチノイド症候群の症状
気管支収縮や発作性の皮膚紅潮、高度の下痢、心症状などが中心です。斑状からなる繊維性肥厚が心内膜及び右心弁膜に生じ、三尖弁閉鎖不全或は肺動脈閉鎖不全を招き右心不全を発生させる要因となります。

カルチノイド症候群の原因
腸クロム親和性細胞を原因にして起こる腫瘍で、これが作り出す生理活性物質によって招かれる症候群です。多くは消化管などに現れ、次いで肺や気管支系に生じていきます。日本で発生する消化管のカルチノイド症候群は、胃から順番に直腸、虫垂、十二指腸と発症する確率が高いと言われています。

カルチノイド症候群の治療方法
骨転移巣へは放射線が有効だと言われています。そのため、基本的にカルチノイドの治療方法は外科的な腫瘍摘出になります。進行いる場合は、肝転移層への腫瘍塞栓術を行うと同時に薬物療法も組み合わせることがあります。この薬物療法は、出現した症状を抑えるための対症療法と抗腫瘍の働きを目的とした抜本的な治療法に分けられます。

カルチノイド症候群の初診に適した診療科目

カルチノイド症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ