ビオチン欠乏症ビオチンケツボウショウ

ビオチン欠乏症はどんな病気?
ビオチン欠乏症には、先天性のものと栄養性の2つがあります。先天性については、ビオチンをリサイクルするためのビオチニターゼが欠損しているためビオチンを再利用することができず欠乏してしまいます。先天性の場合、肌に炎症を起こしやすくアトピー性皮膚炎などになりやすくなるとされています。栄養性の場合はアレルギーの治療薬の影響が多くあります。


ビオチン欠乏症の症状
ビオチン欠乏症とは、汚染された空気やタバコなどで、ビオチンが大幅に減少すると起こります。皮膚の構成や生成するビオチンが不足する事で皮膚炎になります。他には体がだるい、倦怠感、筋肉痛といった症状が出てしまいうつ病の原因になるといわれてます。免疫機能にも影響し、糖尿病や結核、リウマチ、気管支喘息といった深刻な病気にもなります。

ビオチン欠乏症の原因
ビオチン欠乏症の原因は、先天的な問題と薬剤による影響です。ビチオンは人間の体内で合成することができる栄養素です。しかし先天的にビチオンが合成できなければ、ビチオンの欠乏をもたらすことになります。また、アレルギーのための治療に使われている薬が影響している場合もあります。また、粉ミルクにビチオンが配合されていないため発症することもあります。

ビオチン欠乏症の検査と診断
ビオチン欠乏症についての検査方法について説明します。まず、小児の場合は全身脱毛が発症していないかどうかを確かめます。また、緊張低下や髪の損失、顔面周囲の剥奪性皮膚炎、易感染性神経炎などの神経障害、慢性関節リウマチ、アトピー性皮膚炎などが発症していないかどうかを調べます。もしこれらの病気になっている場合には、ビオチンが欠乏している可能性があります。

ビオチン欠乏症の治療方法
ビオチン欠乏症の治療法は、多くの場合ビオチンを一日5mg~20mgを投与することです。ビオチンの投与後は、軽度の場合は問題なく経過する時もありますが、ビオチンに対する反応が悪い場合は、乳児期に死亡することもあります。ビオチンだけを摂取しても悪い菌に餌を与える状態になるので、腸内を整えるために酪酸菌を一緒に摂取することが推奨されます。

ビオチン欠乏症の初診に適した診療科目

ビオチン欠乏症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ