低hdlコレステロール血症テイエイチディーエルコレステロールケッショウ

低hdlコレステロール血症はどんな病気?
低hdlコレステロール血症とは、文字通り血中のhdlコレステロールが少なくなってしまう病気です。hdlコレステロールというのは、いわゆる善玉コレステロールと呼ばれており、コレステロールを末梢から処理工場である肝臓へ運んでくれる役割を担っています。このhdlコレステロールが減少することによって、この機能が低下しますので、動脈硬化につながる場合があります。


低hdlコレステロール血症の症状
低hdlコレステロール血症の症状とは、血液の清浄化機能が低下することにより、悪性のコレステロールが増加し、高血圧傾向となり、それに伴う様々な合併症を生じます。動脈硬化がおこり、心肺機能が低下することによって、場合によっては心筋梗塞など、生命の危機に陥る場合があります。また脳梗塞に発展する場合もあり、深刻な後遺症が残る場合もあります。

低hdlコレステロール血症の原因
善玉のコレステロールが少なくなってしまうと、血液の内壁にへばりついている動脈硬化の元となるコレステロールを洗い流す役割が無くなる為に、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。低hdlコレステロール血症を引き起こす原因として、日頃の食事の内容が偏っているからです。特に油物を多く取り続けると、善玉のコレステロールが減少する要因となっています。

低hdlコレステロール血症の検査と診断
低hdlコレステロール血症の検査方法として、一般的な血液検査による成分の検査を行います。成分の検査の部分にコレステロールの成分の数値があって、原則的に基準値より大きければ体に影響があるが、コレステロールは善玉と悪玉の二種類の成分があります。血管内に脂肪分が溜まりやすい場合の条件として、hdlコレステロールが少ない状態です。

低hdlコレステロール血症の治療方法
カロリーが多い食べ物を摂取したり食生活を改善することで、低hdlコレステロール血症を治すことが出来ます。症状が軽い場合は食事療法で、血中コレステロールの数値を正常にすることが出来ます。禁煙をすることで、hdlコレステロールの減少を抑えて症状の進行を止める事が可能になります。運動を積極的に行なう治療法で、健康的に治療を進める事が出来ます。

低hdlコレステロール血症の初診に適した診療科目

低hdlコレステロール血症の専門外来

低hdlコレステロール血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ