脂肪肝シボウカン

脂肪肝はどんな病気?
脂肪肝というのは、何らかの原因によって、肝臓に脂肪がたまっていく病気です。そうなってしまう原因は様々ですが、例えばアルコールの過剰な摂取なども、その代表的な原因であると考えられています。このように、この疾患は、口から摂取するものに大きな影響を受けるといえます。別の言い方をすれば、食べ物や飲み物をきちんと管理することによって要望できる可能性の高い疾患です。


脂肪肝の症状
肝臓は沈黙の臓器と言われますが、それだけに知らないうちに病気が進行していきます。脂肪肝は生活習慣病の代表とも言える病気で、自覚症状がないことが厄介です。疲れやすかったり、倦怠感があればその前触れです。食欲不振や膨満感、腹部の痛み、更に進行すると胸焼けや上腹部の痛みが強まります。黄疸や嘔吐まで出るともはや肝硬変へと移行しているかもしれませんね。

脂肪肝の原因
脂肪肝の原因の多くは、大量飲酒と過栄養であると、言われています。大量飲酒ですが、常習飲酒のおおよそ3倍と言われています。つまりビールなら中ビン3本、日本酒なら3合、ウイスキー水割りなら3杯位の毎日の飲酒であれば、大部分において認定されると言うのです。また過栄養は生活習慣、特に食生活の西洋化により肥満が増加して、成人の20%が、認定されるようになりました。

脂肪肝の検査と診断
脂肪肝にかかっているかどうかを判断するための検査方法には、いくつが存在すると考えられます。まずは画像による診断です。この疾患にかかっている状態では、特定の画像診断によって健常な部分と異なる色を呈する場合があります。またそのような画像診断以外にも、血液検査によって判断することができます。特定のマーカーとなる物質が基準値を超える場合、その疑いが持たれます。

脂肪肝の治療方法
脂肪肝の治療法は食事療法や運動療法、薬物療法があります。漢方薬療法は高脂肪によく効きます。また飲食習慣の改善が必須となってきます。まずはアルコール摂取をなるべく制限することです。毎日飲酒してるひとが休肝日を週3日つくるだけでずいぶん改善されます。食事の面では揚げ物や動物の内臓、皮、脂などを極力避けます。また野菜を一日500g以上食べるよう努力します。塩分の取りすぎにも気をつけます。

脂肪肝の初診に適した診療科目

脂肪肝の専門外来

脂肪肝に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ