逆流性食道炎ギャクリュウセイショクドウエン

逆流性食道炎はどんな病気?
逆流性食道炎とは、胃液や十二指腸液が食道に逆流してしまいその結果食道の粘膜を刺激してしまい粘膜に炎症を引き起こしてしまう病気のことです。この病気の具体的な症状としては、おう吐やげっぷを頻繁に起こしたり、食事中や食後に横になると、のどの方に胃液が逆流してきたり、胸焼けや胸の違和感や不快感、食べ物を食べた時に食道に痛みを感じるなどの症状があります。


逆流性食道炎の症状
逆流性食道炎とは、胃酸が逆流することで引き起こされる症状で、主に暴飲暴食やストレスが原因だと言われています。特に起床時は、胃酸の逆流が盛んになってしまい苦い水が上がってきます。また、横になった時も胃と食道の間にある弁の力が弱まるので、胸焼けを訴える人が少なくありません。通常は胃カメラで診断が付き、最近は漢方と製薬を組み合わせた治療が一般的です。

逆流性食道炎の原因
逆流性食道炎という病気が起こる原因にはいろいろありますが、ストレスや食生活の悪化、生活習慣の悪化などが主なものといてあげられます。通常は胃の中の食べ物や胃液は逆流しないようになっているのですが、この働きが弱くなってくることもその一つです。妊娠や肥満によりおなかが大きくなり胃を圧迫されることで発症してしまうこともあります。

逆流性食道炎の検査と診断
逆流性食道炎は、主に二通りの検査方法によって診察されます。まず、ひとつ目が問診です。この病気の場合、胸焼けのような分かりやすい症状が起こるので、医者にしっかりと問診してもらえばわかる場合が多いです。もうひとつの方法が内視鏡検査です。これは、内視鏡を用いて実際に食道を見るのですが、他の病気でないことを確かめる目的や、病状を把握するために行われます。

逆流性食道炎の治療方法
逆流性食道炎の治療法にはたくさんの方法が考えられています。まずは薬物療法ですが、これは対症療法としていくつかの抱負があります。胃酸の分泌を抑える薬、消化管の運動機能の働きを改善させる薬、粘膜を保護する薬などが使われます。また、軽い症状の方や妊娠中の方は食事療法、生活改善、時間の経過で症状が落ち着く方もいます。いずれも医師の指示する方法で治療することが大切です。

逆流性食道炎の初診に適した診療科目

逆流性食道炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ