間接デルマドロームカンセツデルマドローム

間接デルマドロームはどんな病気?
間接デルマドロームのデルマドロームを英語で言い表すとDermadromeといいます。デルマドロームとは、内臓の病気と連動して起こる皮膚の変化です。また、一つの皮膚の変化が一つの病気だというのはあまりありません。どのように反映されているかは病気の可能性を一つ一つ探っていくしかありません。これは、大きな病気につながっていることもあります。


間接デルマドロームの症状
間接デルマドロームの症状は、からだの一部の皮膚にひどい肌荒れをおこします。例えば、首の皮膚がジュクジュクして、入浴が困難になります。また、皮膚が薄くなり、簡単にむけたり、出血したりという症状も現れます。例えば、肩の皮膚が薄くなると、ショルダーバックやポシェットを身につけるとき、肩の皮膚がすれて、出血することがあります。

間接デルマドロームの原因
間接デルマドロームの原因は色々ありますが、臓器などの体内の環境に異常が起こる事が根本的な原因です。肝臓や仁そうに疾患がある場合や、糖尿病などの病気になった場合、肌がに変異が起こっていしまい、間接デルマドロームになってしまう事もあります。さらには、妊娠している女性の場合、肌の色素が増えていしまい、肌の色に変化が出てしまう場合もあります。

間接デルマドロームの検査と診断
間接デルマドロームの検査方法は皮膚が変色した箇所を調べることにより内臓が腫瘍などで悪化しているのがわかります。表面的に現れている皮膚の沈着でも内臓から来ているものと判断されれば間接デルマドロームの疑いで内視鏡を使い胃や腸などを検査していきます。ガンが転移しているときでも間接デルマドロームになるため皮膚に異常があった場合には転移していないか内蔵を検査します。

間接デルマドロームの治療方法
間接デルマドロームの治療法は皮膚が痒くなったり黒ずんだりしますが皮膚そのものを治療するというよりも内臓の悪い所を治していきます。内臓部分が悪化してくると間接デルマドロームになり腫瘍が出てくると皮膚にも影響を与えてくるため皮膚の薬を塗った所で解決には至らないです。内臓の悪い箇所を調べていき治療を行うことで完治に向かいます。

間接デルマドロームの初診に適した診療科目

間接デルマドロームの専門外来

関連部位から他の病名を探す

間接デルマドロームに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ