結節性甲状腺腫ケッセツセイコウジョウセンシュ

結節性甲状腺腫はどんな病気?
結節性甲状腺腫とは甲状腺内にできるしこりのことをいいます。ほとんどの場合は良性ですが、中には悪性の甲状腺癌もあります。基本的に良性の場合は治療の必要はありませんが、不快感が強い場合は中の液状成分を吸い出します。甲状腺癌の80%以上を占める乳頭癌や次に多い濾胞癌は進行が遅く、手術をすればきちんと治る場合が多くなっています。他の悪性腫瘍に対しては放射線治療や化学療法も併せて行います。


結節性甲状腺腫の症状
結節性甲状腺腫とは、甲状腺に発生するさまざまな良性腫瘍をがんをまとめてこのように呼んでいます。甲状腺腫、嚢胞、腫腫瘍甲状腺腫など良性のものや、甲状腺がん、悪性リンパ腫など悪性甲状腺腫です。これらの病気は、痛みなどの自覚症状がないので集団健診や家族の指摘で気付きます。発症すると結節がが大きくなり、気道や食道の周辺組織を圧迫することで、食べ物を飲み込みにくい、呼吸困難になったりします。

結節性甲状腺腫の原因
結節性甲状腺腫は、甲状腺の働きに異常が見られることが少ないので、自覚症状はほとんどない様です。気づいたら喉元に腫瘍が出来ていたと言う人が多い事も挙げられます。その原因はまだ分かっていない事もありますが、悪性の腫瘍やしこりになることはほとんどないので、希望する人以外は切除せず。薬を服用して数か月おきに通院している人が多い様です。

結節性甲状腺腫の検査と診断
結節性甲状腺腫とは、甲状腺に部分的に腫れが伴ってできる腫瘍のことです。この検査方法としては、超音波検査、細胞診、CT検査を行なうことでほぼ100パーセント診断することができます。この病気は進行が遅いので手遅れになってしまうということは殆どないのですが、悪性腫瘍であれば外科的手術で患部を切除して取り除く必要があるのです。

結節性甲状腺腫の治療方法
結節性甲状腺腫とは、甲状腺の中にしこりができる病気で良性と悪性があります。この病気の治療法は、良性腫瘍の場合、注射器を使用し液状成分の吸い取りを数回行なうと完治します。それでも溜まる場合はエタノール注入療法や手術療法により、しこりを取り除きます。細胞診などで悪性と判断された場合は、ただちに手術による腫瘍の摘出が必要です。

結節性甲状腺腫の初診に適した診療科目

結節性甲状腺腫の専門外来

結節性甲状腺腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ