限局性神経皮膚炎ゲンキョクセイシンケイヒフエン

限局性神経皮膚炎はどんな病気?
限局性神経皮膚炎は、限局性掻爬皮膚炎とも呼ばれる皮膚の疾患で、湿疹など見た目には肌の異常が見当たらないが痛みを感じる症状を指していいます。頭部や四肢・陰部にあらわれることが多く、全身のあらゆる部分に発症する可能性があります。原因は精神的ストレスによるものと考えられます。原因を取り除く治療を行ないますが、湿疹や炎症を起こしている部分には外用薬の塗布や、テープを貼り掻きむしりを防ぎます。

限局性神経皮膚炎の症状
限局性神経皮膚炎の症状は乾燥性の湿疹がみられることがひとつの特徴です。中でも、首の後ろやうなじの部分、前腕、瞼、下腿から陰部にかけてみられ、非常に強いかゆみを伴います。全体の皮膚の色は灰白色を呈し、掻くことによって湿疹が楕円形や、帯状に広がり、紅斑を形成し盛り上がっていきます。また、繰り返し掻くうちに皮膚が厚く、硬くなっていきます。これらの症状の出現は、男性よりも女性、年齢は中年層にみられます。

限局性神経皮膚炎の原因
限局性神経皮膚炎の主要な原因は、神経的な要因も大きく影響しており、皮膚を継続的にかきむしることで起こります。又、一般的には特定の物質への接触があり、特定の薬剤の使用や、継続的なひっかきにより炎症、細菌への感染症などもその要因となります。この皮膚炎は乾燥や炎症を起こす物質、特定のアレルギー症状を誘発する物質などに対して反応するものです。

限局性神経皮膚炎の検査と診断
限局性神経皮膚炎の基本となる検査方法としては、皮膚へのパッチテストがあります。これはこの皮膚炎の原因になる可能性の高い物質を皮膚に貼りつけ、一定期間放置するものです。その結果、発疹が出るかどうかを確認します。このテストで複数の物質を試す事で、皮膚炎の検査を行い、この皮膚炎の原因となる特定の物質をつきとめる事ができます。

限局性神経皮膚炎の治療方法
限局性神経皮膚炎の治療法は、ステロイド剤が使用されます。染み込ませた外用テープを貼ることで掻かないようにする有効な方法です。朝夕と張り替えが必要ですが、長時間作用型の皮下注射もあります。また、肛門などに発生している場合はクリーム状のものがあり、保護のためにその上からペースト状の酸化亜鉛を塗ります。薬だけでなく、掻かない、辛い食べ物や飲酒を控えるなど、個人的に気を付けるのも治療の一つです。

限局性神経皮膚炎の初診に適した診療科目

限局性神経皮膚炎の専門外来

限局性神経皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ