非感染性腸炎ヒカンセンセイチョウエン

非感染性腸炎はどんな病気?
非感染性腸炎とは、薬物やアレルギー物質・寝冷えや暴飲暴食が原因で下痢などの症状を起こす病気を指します。下痢・嘔吐・腹痛・発熱などの症状を伴います。卵や牛乳、抗生物質やステロイドなどが原因で発症します。原因となる食べ物や薬物を使用しないように気をつけます。また、下痢が激しい場合は脱水症状にならないよう、適度な水分補給が必要です。


非感染性腸炎の症状
非感染性腸炎には、アレルギー性腸炎や薬剤性腸炎、虚血性腸炎などがあります。アレルギー性腸炎では、下痢や嘔吐、腹痛などが主な症状で蕁麻疹やぜんそく血圧低下などが見られる場合もあります。薬剤性腸炎では、抗生物質などによる腸内細菌の変化によって下痢や下血などが起こります。虚血性腸炎では、突然に腹痛の症状が起こり、鮮血の混じった下痢が特徴です。

非感染性腸炎の原因
非感染性腸炎というものの原因はアレルギー性陽炎のときは3つのアレルゲンとして穀物や牛乳や卵が最も多く認知されています。また魚、肉などがアレルゲンとして扱われることがあります。原因の薬物は非ステロイド抗炎症薬やステロイドや抗生物質があります。そして、糖尿病などを持つ病人にたくさんの被害が出ています。今のところ、様々な因子が作用していると考えられています。

非感染性腸炎の検査と診断
非感染性腸炎の検査方法として最も重要になるのが問診です。血液検査により抗原の特異性を調べる必要はありますが、結果がその症状と一致するわけでは無いからです。問診による病歴から予想できる抗原に対し、皮膚検査を行う事で病原を特定します。薬の服用歴を知ることは診断の大きな材料になります。必要に応じて、内視鏡検査により腸内を検査し、診断材料を探す場合もあります。

非感染性腸炎の治療方法
非感染性腸炎の治療法は、アレルギー性腸炎の場合は原因となる食べ物を食べないようにします。喘息や血圧低下などの症状が現れている場合ステロイドや抗ヒスタミン剤薬による治療が行われます。薬物性腸炎の場合、下痢や腹痛に対する鎮痙薬や輸液が行われ、虚血性腸炎の場合は、原則的に保存的治癒として、安静、絶食、補液をし適度な運動や食物繊維の摂取が大切とされています。

非感染性腸炎の初診に適した診療科目

非感染性腸炎の専門外来

非感染性腸炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ