眼窩炎性偽腫瘍ガンカエンセイニセシュヨウ

眼窩炎性偽腫瘍はどんな病気?
眼窩炎性偽腫瘍とは、眼窩内にリンパ球が集まり眼球突出や眼球の運動障害を引き起こす病気です。突然発症し、疼痛を伴う眼瞼の腫脹や紅斑、視力の低下・眼瞼下垂などの症状があらわれます。画像検査においては、境界の不明瞭な腫瘤が見られる場合があります。治療には、副腎皮質ホルモン薬を用い、改善が見られない時は、少量の放射線照射により改善を図ります。


眼窩炎性偽腫瘍の症状
眼窩炎性偽腫瘍の症状は、腫瘍に似た細胞に圧迫された眼球が外部に突出する「眼球突出」の危険があらわれます。また、急激に視力が低下したり、一つのものが多重に見える複視、視野が狭くなるなどの症状があらわれ、通常の生活が困難になります。まぶたの腫れや下垂、痛みを感じる場合もあります。片目に発生した場合は、これらの症状に気付くのが遅れることがあります。

眼窩炎性偽腫瘍の原因
眼窩炎性偽腫瘍という疾患の原因は多岐に渡り、特に症例数が多い腫瘍としては、成人では涙腺の腫瘍が要因となり発症する事があります。又、悪性のリンパ腫などに加え、小さなお子様に特有のリンパが要因となる管腫、横紋の筋肉腫など様々なものがあります。 又、この疾患には眼窩内に発生するものではなく、上顎の骨の部位の腫瘍が引くがねとなり発症するケースもあります。

眼窩炎性偽腫瘍の検査と診断
眼窩炎性偽腫瘍の基本となる検査方法は画像診断です。この検査では超音波の検査を用いて嚢腫が簡単に検査できます。又、この疾患の正確な状態を把握するために、CTやMRIの検査が必要で、腫瘍の状態をこれらの検査で調べます。そして、骨への影響をみるにはCT検査が効果的で、放射性の医療機器を用いた検査で、全身の病巣を診断します。また、腫瘍の一部分を切除して顕微鏡で組織的な病理診断を行うことあります。

眼窩炎性偽腫瘍の治療方法
眼窩炎性偽腫瘍の基本的な治療法は薬物治療や手術があります。この疾患ではステロイド薬が有効で、炎症性の腫瘍を抑える事が出来ます。又、放射線での治療法は、転移性のものや、悪性のものに対して有効な手段です。更に、悪性の腫瘍の場合では、全摘出の手術が必要になる事も多く、一旦眼窩の骨や眼球を摘出しての手術が必要になるケースがあります。

眼窩炎性偽腫瘍の初診に適した診療科目

眼窩炎性偽腫瘍の専門外来

眼窩炎性偽腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ