耳介がんジカイガン

耳介がんはどんな病気?
がんには様々な種類がありますが中には耳介がんというものもあります。それは名前のとおり耳にできるがんです。患者数は非常に少なく、とても希ながんです。原因は肉芽などの炎症性の腫瘍ががん細胞に変異することでおこります。耳の痛み、血液などを含む耳垂れ、めまい、難聴、耳鳴りなど、悪化すると吐き気、嘔吐、顔面の麻痺が起こることもあります。


耳介がんの症状
耳の外側部分を耳介と呼び、そこにできる癌を耳介がんといいます。その症状としては、正常な細胞を湿潤し炎症を起こさせるので、耳の痛みや腫れ、圧迫感などが生じます。三半規管まで影響を及ぼすと、めまい嘔吐なども引き起こすことがあります。さらに癌が進行し、顔面の神経や脳まで影響が及ぶと歩行障害や視覚障害も引き起こしてしまいます。

耳介がんの原因
耳介がんの原因は、長年耳の中に溜まった耳カスや耳汁によって引き起こされているのです。がんまで発症する確率は極めて低いのですが、耳汁などが多めの人がなりやすい傾向があることが医学的に判明しています。そのため耳の中は常に綺麗に保ち長期間、耳汁や耳カスが溜まっているような状態にしないことが必要なのです。そのぐらいのことで十分予防ができるのです。

耳介がんの検査と診断
耳介がんの検査方法は、まず耳介は外から見ることができるため視察を行います。耳垂れの有無や出血、膿などを視察します。そして、疑わしいものは病変部位の一部を採取し、顕微鏡で調べる生検をします。生検でがんであるかどうかがわかります。このほか、転移や進行をの検査にX線検査やCT検査、MRI検査などの画像検査を行う場合があります。

耳介がんの治療方法
耳介がんの治療法は、大抵は手術で対応することになりますが、ケースによって治療過程が変わることもあります。扁平上皮がんの場合は、外科的治療と放射能治療を合わせて治療することがありますし、基底細胞がんは手術による切除で対応することが多いです。悪性黒色腫の場合は、抗がん薬、インターフェロン治療を交えつつ、外科的切除で対処するのが一般的です。

耳介がんの初診に適した診療科目

耳介がんの専門外来

耳介がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ