移行上皮がんイコウジョウヒガン

移行上皮がんはどんな病気?
移行上皮がんとは、移行上皮組織に由来する癌腫であり、上皮性の悪性腫瘍です。尿管や膀胱などの尿路系のがんが多いことから尿路上皮がんとも呼ばれています。移行上皮がんは男性に多く発症する病気であり、60~80代に好発します。初期症状は、血尿や排尿障害で尿沈渣検査において見つかることがあります。治療には、腫瘍の性質により、膀胱全摘出術やBCG、抗癌剤の膀胱注入療法などが選択されます。


移行上皮がんの症状
移行上皮がんは初期段階では無痛でほとんど痛みを感じないです。排尿時に多少違和感を感じますからがんが進行してくるといつもと違う排尿になります。尿が赤くなってるようであれば血尿も考えられますから移行上皮がんの症状の疑いがあります。移行上皮がんは主に膀胱や尿路に関する部分に発生するものですから尿路上皮がんと同じ症状になることがあります。

移行上皮がんの原因
移行上皮がんの原因には喫煙、アリニン系の色素、鎮痛剤のファナセリン、精神安定剤のクロルプマジン、抗がん剤のシクロホスアミド、さらにコーヒーや塩素消毒をした飲料水も要因に含まれていますが、この癌の原因の多くはまだ解明されていません。ただ、癌の発生しやすいデータがあるのでそのデータと照らし合わせて癌の原因といわれています。

移行上皮がんの検査と診断
肝孟や尿管の最上部にある移行上皮がんは尿が育成される肝臓を繋ぐ長い管で、この部分が悪性の腫瘍に侵される疾患を指します。検査方法は触診などの身体検査と過去の病歴を調べる検査が一般的です。また尿検査から尿に含まれる蛋白や糖分、血液などを調べる方法や尿管鏡で尿管の内部を異常な部位がないか見たり、組織サンプルを採取して調べる方法があります。

移行上皮がんの治療方法
移行上皮がんの主な治療法としては、放射線治療が行われます。このがんは細胞の増殖するぺースが速く、進行しやすいという特徴がありますが、移行上皮癌は他の癌と比べ、放射線への感受性が良く放射線治療の効果が現れやすいことから、この治療法が多く用いられています。その為、外科的な手術でがんを全て摘出するよりも、放射線治療が頻繁に用いられているのです。

移行上皮がんの初診に適した診療科目

移行上皮がんの専門外来

移行上皮がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ