機械的神経障害キカイテキシンケイショウガイ

機械的神経障害はどんな病気?
機械的神経障害は一本の神経だけにおこる単神経炎のかたちをとり、手や腕、脚にもよくおこる病気です。この病気は肘から上腕で神経が圧迫されておこるもので、腕を上にあげても手首が垂れ下がってしまう特徴があります。大半は徐々に回復傾向に向かいますが、長引く場合は筋肉の縮まりを防ぐために障害のある部分を固定したりするリハビリを行って治療します。


機械的神経障害の症状
機械的神経障害の症状は1本の神経のみに起こる単神経炎のかたちをとり、上肢では正中神経、尺骨神経、橈骨神経、下肢であれば腓骨神経によく起こります。上肢の正中神経まひは親指から薬指にかけて痛みと痺れが起き、悪化すると親指の付け根が萎縮していきます。また、橈骨神経まひは腕を持ち上げても垂れ下がったままになってしまう症状が起こります。下肢の腓骨神経まひは、足のつま先が上がらず垂れ足がおこります。

機械的神経障害の原因
機械的神経障害は、アミロイドーシス、骨髄腫、膠原病などの疾患が原因となって、末梢神経幹の機械的故障を引き起こすことで発生します。主に上肢では正中神経、尺骨神経、橈骨神経、下肢では腓骨神経などの中から1本の神経の末梢神経幹が周囲の組織によって圧迫されること、機械的損傷を受けること、乏血を起こすことなどによって引き起こされます。

機械的神経障害の検査と診断
機械的神経障害の検査方法としては、末梢神経の生理学的機能検査をします。生理学的機能検査とは、患者の身体に触れて検査する生体検査の総称で、心電図検査、呼吸機能検査、超音波検査、脳波検査、神経伝導検査などをいいます。この検査により、損傷の場所や程度、種類などを知ることができます。また、さらに原因を調べるために、血液検査やレントゲン撮影などをする場合もあります。

機械的神経障害の治療方法
機械的神経障害の治療法は、リハビリテーションで行うことが多い傾向にあります。自然に回復することもあるため、自然治癒力にまかせても完治することはありますが、リハビリテーションで対応した方が回復は早いことが多いです。リハビリテーション障害のある部分に負荷がかからないように固定したり、装具を使うなどするとより治りやすいです。

機械的神経障害の初診に適した診療科目

機械的神経障害の専門外来

機械的神経障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ