過緊張性発生障害スギキンチョウセイハッセイショウガイ

過緊張性発生障害はどんな病気?
過緊張性発生障害とは、声帯の粘膜に炎症や腫瘍といった目に見える変化が無いのに、声がかれてしまう病気の事です。40から50歳代の男性に多く、声の乱用や、精神的なストレス等、喉に必要以上に力を込めて発生する癖が原因となっています。治療方法は、言語療法士による発声訓練にて、喋り方の癖を治すことで正しく発声することができる様になります。


過緊張性発生障害の症状
過緊張性発生障害は40代から50代の男性に多く、特徴としては低くて大きな声が出ます。また、声が出しにくく、話していると疲れてしまうという症状が見られる場合もあります。緊張していたり、極度のストレスがかかるときにかかることが多く、似たような症状には、痙攣性発声障害というものがあります。症状がでてから完治するまでに数年かかることもあります。

過緊張性発生障害の原因
過緊張性発生障害は、輪状甲状筋や咽頭収縮筋、輪状咽頭筋や肩甲舌骨筋、茎突咽頭筋、顎二腹筋などが堅くなっていることが原因で起こります。これらが堅くなる原因としては、ストレスや精神的影響を受けた震え、過緊張による筋肉の硬直、また、声の乱用や誤用、就業環境に問題があるなどが挙げられ、40代から50代の男性に多く見られています。

過緊張性発生障害の検査と診断
過緊張性発生障害の検査方法は、音声外来を受診することが必要です。問診によって声がどのように出しづらいのか、声が出なくなるのかをしっかり専門医に伝えることが重要な判断基準となります。その後内視鏡によって声帯を診て症状を特定していくのです。最近では音声の検診機器などを使用して、発声時の筋肉、呼吸などを検査して、過緊張性発生障害を判断する耳鼻科も存在します。

過緊張性発生障害の治療方法
過緊張性発生障害は声帯に以上があるわけではなありません。そのため、主な治療法としては言語療法士という専門家によって声を出す際の癖を治すものです。発生のリハビリと一緒に芍薬甘薬湯と呼ばれる漢方薬を用いた治療を併用することで、完治を目指します。しかし、過緊張性発生障害の症状が重い場合には注射か手術による治療も必要となってきます。

過緊張性発生障害の初診に適した診療科目

過緊張性発生障害の専門外来

関連部位から他の病名を探す

過緊張性発生障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ