重複がんジュウフクガン

重複がんはどんな病気?
重複がんというのは、がんが別々の臓器にそれぞれ別個に発生したと考えられるがんのことを言います。一つの臓器にがんがあり、同じ時期に別の臓器にがんが発生した場合を同時性と言い、治療をした後に発生するがんを異時性重複がんと呼びます。あくまで各臓器に別々に発生したものを指しますので肺がんなどが胃などに移って広がる場合は、転移性のがんでありあくまで最初に発生した臓器のがんです。

重複がんの症状
重複がんは、がんが異なる臓器にそれぞれ別個に発がんしたと考えられるものをいい、胃がんの人が、肺がんも見つかったような症状は、重複がんの例です。それが同時期である場合には、同時性、一つの癌が治療を終えてから見つかる場合には、異時性重複がんと呼ばれ、早期発見で完治も可能です。転移性のがんと混同しやすいので、気をつける必要があります。

重複がんの原因
重複がんの原因はさまざまで、タバコや食生活、遺伝などが多い傾向にはあります。具体的には肺がん、大腸がん、乳がん、前立腺がん、子宮がんなどが原因となります。あくまで重複した場合のみとなるため、転移とは関係がありません。がんについて把握することが、重複がんについて把握することにつながるため、ひとつのがんからは原因は判断できないといえます。

重複がんの検査と診断
重複がんは転移性のものとは異なり、臓器内で複数のがんが同時期に発病してしまうことをさします。重複がんの検査方法はCTやMRI検査が主流となっていますが、内視鏡を使用して直接がんを確認していく方法を採用している場合もあります。目には見えないがん細胞はNBI内視鏡検査が最も適しており、主には食道機関などで使われている検査方法です。

重複がんの治療方法
重複がんの治療法は、手術による切除、抗がん剤、放射能治療などがあります。早期発見した方が、治療はしやすい傾向にあり、手術しなくても済む可能性も高くなります。場所によって危険度が変わるため、注意が必要ですが、従来よりも治しやすい傾向にはあります。ケースによっては放射線化学療法で対応するといったこともありますし、いろいろな方法を複合して治療することも多いです。

重複がんの初診に適した診療科目

重複がんの専門外来

重複がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ