血管炎性ニューロパチーケッカンエンセイニューロパチー

血管炎性ニューロパチーはどんな病気?
血管炎性ニューロパチーは末梢神経に栄養を送っている血管の炎症が起こる疾患で、血管炎症候群の中でも小型の血管を傷害する結節性多発動脈炎(PN)や、慢性の関節リウマチ(RA)などと併発することが多い疾患です。臨床的特徴としては四肢の非対称な運動感覚障害が見られ、梢神経伝導検査によって活動電位の振幅の低下や消失が確認されます。


血管炎性ニューロパチーの症状
血管炎性ニューロパチーの症状は末梢神経に栄養を届ける血管が炎症を起こしアレルギー性血管炎や全身性エリテマトーデスなどのアレルギー反応がでます。手の痺れや痛みを感じて神経症と似た状態を示します。冬場は特に神経の痛みと痺れがひどくなり物が掴めなくなるほどの痛みが出ます。痛みが静まっても再び痺れや痛みが出る状態を繰り返します。

血管炎性ニューロパチーの原因
ニューロパチーの原因は、何種類かあります。高頻度で見られるのは、血管炎による多発性単ニューロパチーです。他に、関節の変形により圧迫があらわれる圧迫性ニューロパチー、神経の圧迫による手根管症候群や尺骨神経の圧迫による肘管と、血管炎による単ニューロパチーなどがあります。特に血管炎性ニューロパチーの場合は、末梢神経に栄養を送る血管が炎症を起こしています。

血管炎性ニューロパチーの検査と診断
血管炎性ニューロパチーの検査方法は、病歴や検体検査や神経学的検査などによって実施していきます。患者の血管炎に関わる体の疾患などの病歴を調査すれば、病気の診断に役立ちます。また、検体検査によって、抗核抗体やリウマチ因子などの有無を検査します。さらに、神経伝導検査や筋電図による神経学的検査によって、具体的に病気の確定を行います。

血管炎性ニューロパチーの治療方法
血管炎性ニューロパチーは、ステロイドパルス療法という治療法で効果的に治すことが出来ます。ステロイドパルス療法を受けると、過剰な免疫反応を抑える事が出来ます。それに痺れや麻痺を改善する事が出来るというメリットがあります。副腎皮質ステロイドという薬剤を使用することで、神経の痛みや浮腫の発生を効果的に予防することが出来ます。

血管炎性ニューロパチーの初診に適した診療科目

血管炎性ニューロパチーの専門外来

血管炎性ニューロパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ