子宮筋腫シキュウキンシュ

子宮筋腫はどんな病気?
子宮筋腫というのは女性特有の病気で、子宮の平滑筋のなかに出来る筋肉の塊のようなものを指してよんでいます。これは良性の腫瘍なので、これが原因となって命にかかわることもありません。ほかの臓器に転移してしまうこともありません。けれどもだんだんと大きくなっていく場合や、生理のときに出血が多すぎて生活に支障がでるという場合は摘出することが必要になります。


子宮筋腫の症状
子宮筋腫になった時、一般的に多い症状には月経の変化が挙げられます。出血量が増えたり、不正出血、月経の期間が長くなるといったものです。それによって、生理痛や貧血が酷くなったり、息切れやめまい等も起こってきます。さらに、筋腫が大きくなることで、周囲の臓器が圧迫されてしまうため、腹部の痛みや頻尿、便秘となってしまう場合があります。

子宮筋腫の原因
子宮筋腫ができる原因というのは、根本的なところでは正確には判明されていないといわれています。それが起きやすい年齢などのいろいろな条件を総合して考えると、おそらくは卵巣から分泌されるホルモンの量が関係しているということが推定されているのですが、それがどの程度影響しているのか、またそれ以外の要因があるのかどうかなど、明らかになっていないこともたくさんあります。

子宮筋腫の検査と診断
近年、子宮筋腫を抱える女性の増加と共に、検査方法も様々に増加しています。お医者さんの問診後、疑いがあった場合、先ずは血液検査でホルモンの数値を調べます。異常値だった場合、精密検査に移ります。筋腫の大きさや位置などを調べるため、女性の体の具合や持病・妊娠の有無などにより異なりますが、エコー(超音波)・CT・MRI検査などを行い、診断がなされます。

子宮筋腫の治療方法
子宮筋腫は、子宮の筋層に良性腫瘍ができることで、薬物療法、手術、ホルモン療法という治療法があります。薬物療法は、非ステロイド性抗炎症薬とプロゲスチンの併用で、一時的に症状を緩和させることができます。手術は、子宮全摘出または筋腫核を取り除くことで再発を防止することができます。ホルモン療法は、適切なホルモン剤を投与することで治療を行ないます。

子宮筋腫の初診に適した診療科目

子宮筋腫の専門外来

子宮筋腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ