若年性歯周病ジャクネンセイシシュウビョウ

若年性歯周病はどんな病気?
若年性歯周病とは、比較的若い人たちの間で見受けられる歯周病のことです。本来歯周病というのは主に中高年以上の年齢の間で頻繁にみられるものですが、生活習慣や歯磨きの頻度などによっては、若年者の間でも比較的頻繁にみられる疾患です。この歯周病を引き起こす歯周病菌は、歯周病以外にも様々な疾患を引き起こす可能性が指摘されています。


若年性歯周病の症状
若年者が発症する若年性歯周病の症状は、歯の周りの歯茎が炎症を起こして歯茎から出血をしたり、歯の下の部分に歯垢がたまって、歯が動くようになって、歯周病を引き起こすケースがあります。要因としては、歯磨きの不徹底にあります。長年の間に歯の磨き残しの部分が存在すると、歯茎の歯垢がたまって、その部分に歯周病を引き起こすケースがあります。

若年性歯周病の原因
若年性歯周病の原因には免疫抵抗力の低さがあるという説があります。そのため、通常の人でも何でもない程度の汚れに対してとても敏感に反応して炎症を起こすということがあります。その他にも、歯磨きの仕方や回数、食事の取り方や生活習慣に問題があるなど正しいプラークコントロールができていないということもこの病気を発症させることに関係しています。

若年性歯周病の検査と診断
若年性歯周病の検査方法は、歯の歯茎を確認することのより、わかります。とても腫れています。また、年齢にも注目が必要です。若年性なので、問診検査の際に、年齢を確認しましょう。若年性の場合には、十代から三十代がなります。また、歯石などはあまり見当たらないのも、特徴なので、歯茎の検査の時に、見ることにより、分かります。また、全ての歯茎にはれなみられるとは限りません。

若年性歯周病の治療方法
若年性歯周病の治療法はカルシウムなどを摂取する食事療法と歯についた歯垢を除去する外科的な治療を同時進行で行っていきます。歯を支える顎の骨自体が弱くなっているためにカルシウムの摂取が大事ですが、食事での摂取に難がある場合はカルシウムのサプリメントで摂取します。腔内を清潔に保つため雑菌の温床となる歯垢や歯石も徹底的に除去します。

若年性歯周病の初診に適した診療科目

若年性歯周病の専門外来

関連部位から他の病名を探す

若年性歯周病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ