滲出性胸水シンシュツセイキョウスイ

滲出性胸水はどんな病気?
滲出性胸水に罹ると肺の中に沢山の液が溜まる症状が出ます。肺の機能が低下してしまうので、呼吸困難になります。他にも咳や頭痛を起こします。症状が悪化すると、息ができなくなって失神や痙攣を起こします。呼吸器科に通って肺に溜まった液を除去する手術を受けると、呼吸困難と肺の炎症の症状を治してスムーズに呼吸が出来るようになります。


滲出性胸水の症状
この病気になると息切れ、咳、しゃっくり、胸痛、腹痛などが起きます。また、深呼吸や咳によって胸の痛みが増すこともあります。滲出性胸水の症状が重くなると呼吸困難に陥った後に命に関わる事態になることも考えられるため注意が必要です。空咳や発熱といったものが起きることがある上に、倦怠感や喉の痛みなどを感じる場合も多々あるために、単なる風邪やぜんそくのそれと勘違いしがちです。

滲出性胸水の原因
滲出性胸水の原因としてあげられるものには、一般細菌、結核性、真菌性、ウィルス性、寄生虫性などの感染症によるものから、肺がん、転移性肺がん、乳がん、胃がんなどのがんや、悪性胸膜中皮腫、白血病、リンパ腫などの、悪性腫瘍、肺血栓症、膵炎、膵下性嚢胞、肝膿瘍などの消化器疾患、関節リュウマチ、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患などがあります。

滲出性胸水の検査と診断
滲出性胸水の主な検査方法としては、複数の検査が用いられます。ドクターの診察により胸水の貯留で顕著になる息切れ、胸痛、咳、しゃっくりなどを確認し、聴診で肺胞の呼吸音の状態を確認します。又、打診や触診も用いられ、異常があるかどうかを確認します。更に、この疾患の有無を確認する際に、胸部のレントゲン撮影が行なわれ、胸部のMRIや胸部のCT画像解析、超音波による検査によってこの疾患の検査を行います。

滲出性胸水の治療方法
肺に溜まった水を取り出す手術を受けると、滲出性胸水を治すことが出来ます。胸に穴を開けてカテーテルを挿入して液を排出させる治療法でも効果的に治療することが出来ます。カテーテルを使用した手術の方が、肺への負担が小さいので高齢者の方でも胸水の治療を受けることが出来るというメリットがあります。抗生物質の投与を受けると肺炎を治すことが出来ます。

滲出性胸水の初診に適した診療科目

滲出性胸水の専門外来

滲出性胸水に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ