子宮内反症シキュウナイハンショウ

子宮内反症はどんな病気?
子宮内反症は、子供を出産した直後に子宮が内側にうらがえることによって、子宮が腟外に出てしまう病気の事を言います。子宮が膣の外に出てしまう病気ですので母体からは大量の出血が発生し、酷いときにはショック死をしてしまうこともあります。ただ、出産の際に発生する稀な病気ですので、発生したとしても出産直後から早急な手当てを受けることが出来るようになっています。


子宮内反症の症状
子宮内反症の症状として、分娩直後の強烈な疼痛・大量出血・虚脱状態が主要なものとして挙げられます。内反した子宮が収縮不全の状態にあることから胎盤剥離面から大量出血するといった場合もあります。また、大量出血による出血性ショックと腹膜刺激による神経性ショックといったことが引き起こされることも多いです。稀に、子宮内壁が膣内・外陰に露出することがあります。

子宮内反症の原因
主な原因の一つに、自然に胎盤が排泄されない場合に、臍帯を牽引し排出を促す際、強い力で引っ張ると胎盤と一緒に子宮が牽引され、子宮内反症になる可能性があります。また誘引となるものとして、癒着胎盤、過短臍帯、前置胎盤、羊水過多、多胎分娩、多産婦、子宮奇形などがあります。咳や嘔吐などの急激な腹圧の上昇によって起こることもあります。

子宮内反症の検査と診断
子宮内反症の検査方法は、視診と内診などの所見で調べることができます。完全に子宮が内反していれば、膣内に内反した子宮の内側を見ることができます。また不完全な内反でも内診で反転してしまった子宮を触れて確認することができます。内反の程度を確認するため、経腹超音波検査も行います。この検査で裏返しになった子宮の断面をみることができます。

子宮内反症の治療方法
子宮内反症の治療法は子宮収縮抑制剤を投与することから始まります。続いて麻酔薬を打って患者を眠らせてから子宮を整復します。麻酔をかけなくても整復できますが麻酔をかけると体全体の力が抜けるので整復しやすくなるのです。そのためアレルギー体質や特殊な事例がない限りは麻酔をかけて患者の力を抜き整復しやすい環境を作り子宮の形を正します。

子宮内反症の初診に適した診療科目

子宮内反症の専門外来

子宮内反症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ