乾癬性紅皮症カンセンセイコウヒショウ

乾癬性紅皮症はどんな病気?
乾癬性紅皮症は皮膚が赤くなるのですが、関節症性乾癬といった手や指のあちこちの関節が痛くなるような場合もあります。
発症頻度自体は低く、日常生活も不自由になってくるような痛みが強く出てしまうような傾向もあります。
その場合には、乾癬の治療とともに関節症に対して治療が必要になってきます。


乾癬性紅皮症の症状
乾癬性紅皮症の症状はすぐに改善することはありません。しっかりと乾癬治療し、和らげていくといったことが大切です。
漢方薬だけで効果があるといったことはまれであり、あくまでも補助療法として患者さんの体質に合わせて活用するといったことが重要になります。

乾癬性紅皮症の原因
乾癬性紅皮症の原因はたくさん考えられます。乾癬は人目が気になってしまうので、くよくよ悩んでしまうようなことがストレスとなり、かえって症状を悪化させてしまうような状況なども考えられます。できるだけ気にせず、周囲の人たちとも接していくことが大切になってきます。

乾癬性紅皮症の検査と診断
乾癬性紅皮症の検査方法については、まずは専門医である皮膚科医による問診と目視からはじまります。この病気である可能性が高い場合には検査入院となることが多く、血液検査で血液の成分を調べて異常がないか調べます。このような検査によってこの病気であるかどうかということを確定します。

乾癬性紅皮症の治療方法
乾癬性紅皮症の治療法として画期的なものはいくつかあります。
プールや温泉に一緒に入っていても他人に移ってしまうことがありません。そして周囲の方たちの理解を得られるように努めることが必要になります。さらに基本的には乾癬といった特徴的な皮膚症状は、関節リウマチに似ていたり、脊椎関節症に似ていたり両者が混在してしまっているような様々な関節症状がみられるのです。

乾癬性紅皮症の初診に適した診療科目

乾癬性紅皮症の専門外来

乾癬性紅皮症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ