化膿性骨髄炎カノウセイコツズイエン

化膿性骨髄炎はどんな病気?
化膿性骨髄炎は、 骨に細菌が入り化膿性の炎症を起こす病気で、急に症状が出る急性と、慢性化に分けられます。感染経路は骨の外傷や骨に隣接している軟部組織からの感染、他の部位から病原菌が血液を通して運ばれ、二次的に発症する血行性感染などがあります。発症すれば高熱や悪寒、局所的な痛みや腫れがあります。血液検査やX線検査が行われますが急性の場合は他にエコー、CT、MRIも行う娘ともあります。


化膿性骨髄炎の症状
化膿性骨髄炎の症状としては、急性の場合は、悪寒、発熱、食欲不振、全身の倦怠感、そして局所では疼痛、腫れ、発赤となります。また大腿骨等に発症した場合には感染が関節まで及び、化膿性関節炎となる可能性もあります。慢性では痛みなどな局所はみられます、たが発熱や倦怠感などの全身の病状はみられません。病状が長くなると、皮膚に孔があき瘻孔や膿が出てきます。

化膿性骨髄炎の原因
化膿性骨髄炎とは、細菌が骨髄組織に感染することで発症する感染症のことです。この原因としては、骨の外傷や骨に隣接する組織の壊死や他の臓器から細菌が伝播してくることによっておこる症状です。治療法としては基礎疾患で感染している部位があればそこの治療をおこない、細菌を特定した上で適切な抗生剤治療をおこなうことでほぼ完治するはずです。

化膿性骨髄炎の検査と診断
化膿性骨髄炎の検査方法としては、血液検査とX線検査が主に行われています。血液検査では白血球数の増加の幅、CRPの陽性、赤血球沈降速度の亢進などが見られ、慢性化している場合には、あまり異常なところは見られないこともあります。画像検査では主にX線検査を行いますが、初期段階では写りにくいためCT検査やMRI検査から、判断する場合もあります。

化膿性骨髄炎の治療方法
化膿性骨髄炎の治療法として、急性の場合は慢性化への移行や病巣の拡大を防ぐために、早急に入院し安静にして点滴で抗生物質を投与します。その後、改善が見られない場合は手術による治療が必要となります。慢性化している場合、血行障害や腐骨などが原因で抗生物質が十分に効果が出ないため手術となるケースが多くなります。高圧酸素療法も有効で、手術と組み合わせて行われることがあります。

化膿性骨髄炎の初診に適した診療科目

化膿性骨髄炎の専門外来

化膿性骨髄炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ