悪性神経鞘腫アクセイシンケイショウシュ

悪性神経鞘腫はどんな病気?
悪性神経鞘腫の病気については、神経に発生する悪性腫瘍であり、とても稀な腫瘍です。他の腫瘍と症状は基本的には同じですが、他に比べてみると、より強い痛みを伴うことが多いです。また手や足など運動や感覚機能を維持している場所に発生するので、発生した場所の神経の運動機能の障害や痺れが発生します。放置すればコブが大きくなり、肺などに転移するので早期の手術が治療の基本です。


悪性神経鞘腫の症状
悪性神経鞘腫にかかると、体に大きなこぶができたり、ところどころが腫脹したりして、その部分に痛みが生じたりします。しかしこのこぶは四肢の神経に発生しているため、こぶが生じた神経が支配している部分が麻痺したり、しびれを感じたり、感覚機能が鈍感になるなどの症状もあります。また血液の流れにのって、他の部位や臓器に転移して、またそこで腫瘍を生じることもあります。

悪性神経鞘腫の原因
悪性神経鞘腫の原因はいくつかあります、それは神経に発生する腫瘍ですのでその中でも良性の神経鞘腫が多く発生する神経繊維腫であるレックリングハウゼン病を発生母地とする場合が多く考えられています。この病気になる人はもともと体の中に多くあるコブの一部が変性して発生します。その要因として遺伝子の異常が発生しているという説がおおくあります。

悪性神経鞘腫の検査と診断
悪性神経鞘腫は、神経線維腫症I型の患者にできているコブが、それまでと違って急激に大きくなってきた場合にその所見を認め、検査します。現在では腫瘍の悪性度を映像として表せる、PETという画像検査で神経線維腫症の患者を定期的に検診するという検査方法を取り、判断していきます。しかしそれだけでは確定できないため、患部に針をさして細胞を確認するなどして、確定診断をします。

悪性神経鞘腫の治療方法
悪性神経鞘腫の治療法につきましては、基本的には外科手術を行うことが圧倒的に多いです。そのまま病状を放置すれば巨大になっていき、肺などの臓器に転移しはじめます。手術では、 周辺の健康な組織と原因の腫瘍と一緒に切除して同じばしょからの再発を極力減らすことをします。五年の生存率は約半分の50パーセントであり、治療が難しい病気です。

悪性神経鞘腫の初診に適した診療科目

悪性神経鞘腫の専門外来

悪性神経鞘腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ