胃がんイガン

胃がんはどんな病気?

胃がんとは胃の粘膜にできる悪性の腫瘍のことです。比較的男性に多く、年齢層は50代から60代が多いといわれています。肺がんについで2位となっていますが、早期発見すれば95%は完治できるといわれています。ですが中でも悪質とされるスキルス性のがんは早期発見が難しく、進行が早いため治療が非常に困難とされています。またこのがんは30代から40代の女性に多く見られます。



胃がんの症状
胃がんの症状とは、まず胃の痛みです。吐き気や胃の不快感を覚える時もあります。そして胃の中で出血している場合は胃に不快感を覚えて吐血してしまう事もあります。この血液は嘔吐の際に喉が切れた時のような鮮やかな色をした血液ではなく、赤黒い血液です。匂いも少し生臭く、明らかに異常と感じられるものです。酷い場合は大量の血液を吐血する時があります。

胃がんの原因
胃がんにかかる原因のひとつとして言われているのは、タバコです。タバコに含まれる有害物質が、その確率を高めます。他には、乱れた食生活、塩分の摂りすぎ、ストレスなども要因のひとつとして挙げられていて、とくに塩分を摂りすぎると、胃壁を守ってくれている溶液が溶けてしまい、そうなると発がん性の物質がより胃に吸収されやすくなってしまいます。

胃がんの検査と診断
胃がんの主な検査方法は、バリウムを用いて胃のX線検査をする上部消化管造影検査です。これは、胃透視とも呼ばれています。文字通り、胃を透視するので、胃の中を空っぽにする必要があるので、前日の夜9時以降は絶飲食していただきます。バリウムは、硫酸バリウムを指し、X線で観察するの、がんや腫瘍がある部分でバリウムがはじかれたり、たまったりするので病変がくっきりと浮かび上がってきます。




胃がんの治療方法
胃がんの治療法は、抗がん剤治療と外科的治療の2つに分けることができます。癌の大きさがそれほど大きくなければ抗がん剤を使ってある程度まで縮小させるように治療します。そして小さくなった癌を外科手術で取り除くのです。こうすることで外科手術で切開する範囲を狭めることができ、かなり退院までの1週間以上を減らすことができるのです。

胃がんの初診に適した診療科目

胃がんの専門外来

胃がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ