雀卵斑ジャクランハン

雀卵斑はどんな病気?
雀卵斑とは顔面にできるシミの一つで、いわゆる「ソバカス」というものです。直径5ミリぐらいの文字通り雀の卵のような模様に形や模様が似ていることから名付けられました。まぶたの下から鼻の脇、または肩や背中、よく日光にあたる部分に現れます。思春期に著しく、春から夏にかけても目立つ季節です。紫外線に当たらないように注意して、ビタミンCやビタミンEを含む食品を摂取しましょう。治療は皮膚科へ相談しましょう。


雀卵斑の症状
雀卵斑の症状とは、顔に雀の卵のような茶色い斑点が現れます。頬や鼻の周辺に現れる事が多く、一般的にはそばかすど言われるものです。最初はうっすらと現れて次第に色が濃くなり目立つようになります。痛みや痒み等の異常は全く感じる事はないですが、やはり見た目が目立つと言う理由で女性は特に気にします。特に肌の色が白い方は目立ちやすくなります。

雀卵斑の原因
雀卵斑の原因とは、皮膚に存在するメラノサイトが部分的に増殖する事により発生します。一般的にこれはそばかすとも言われます。そして慢性的な日焼けもこの症状を招きます。日焼け止めを使用せずに肌を強い紫外線に長時間さらしてしまう事でメラニンの生成が活発になり、部分的に増殖してしまうのです。若い時期に日焼けを何度も繰り返した方は年齢を重ねる時に突然現れる場合もあります。

雀卵斑の検査と診断
雀卵斑はそばかすの事で、遺伝によるものと言われています。幼児期から思春期に米粒くらいの斑点が顔や手の甲や腕や背中などにみられるものです。そばかすの斑点が、雀の卵に似ているのでそう呼ばれています。検査方法は特に触診しなくても明らかに分かるものです。大人になるにつれ目立たなくなるケースもありますが、紫外線予防で日光対策が重要になります。日焼け止めや帽子、日傘やサングラスを使用したり服装も気をつけます。

雀卵斑の治療方法
雀卵斑の治療法とはまず、一般的にレーザー治療を行います。これは茶色く変色した部分にレーザーをあてる事で薄く目立たないようにしていきます。そして色素を脱色する効果のある塗り薬を処方する場合もあります。効果は人それぞれですが、使用を重ねるうちに次第に薄く目立たなくなる効果が期待されます。今では市販にも塗り薬は販売されております。

雀卵斑の初診に適した診療科目

雀卵斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

雀卵斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ