けいれん性便秘ケイレンセイベンピ

けいれん性便秘はどんな病気?
けいれん性便秘とは、ストレスや睡眠不足などで、自律神経が乱れ、腸がけいれんし、動きが活発になる為に、便秘になる事をいいます。治療方法としては、ストレスを無くす事ですが、原因がわかっていない場合は難しくなります。その為、下剤などで刺激を与える事は止めて、なるべくリラックスする事が大切です。ハーブを使ったお茶や香りを楽しんだり、朝起きた時にぼーっとする時間を作る事が有効的です。


けいれん性便秘の症状
けいれん性便秘とは、通常、大腸は蠕動運動することで便を排便させようとするのですが、蠕動運動が停まってしまい腸がけいれんしてしまっていることでおこる便秘のことです。この便秘の症状としては、まったく便が排出されなくなるので腹部がふっくらしてきたり、食欲が出なくなるなどの兆候が出てきます。最悪の場合は、外科的手術で便を排出させます。

けいれん性便秘の原因
けいれん性便秘の主な原因としては、日常生活での精神的なストレスになります。そのため、普段から不規則な生活や暴飲暴食、睡眠不足を繰り返す人などストレスを常に感じている人は、この病気を起こしやすくなります。またその他にも、もともと便秘気味の人が便秘解消のためにと、使用方法を守らず下剤を毎日多量に服用した場合にも起こります。

けいれん性便秘の検査と診断
けいれん性便秘は、原因がまだはっきりと特定されていないのですが、精神的ストレスによって腸がけいれんを起こして、煽動運動が活発になるために引き起こされる病気です。下痢と便秘を繰り返しますが、他の便秘との区別がつきにくいため、検査方法としては、経験の豊かな医師による問診によって、判断されます。判断材料としては、ストレスの有無、睡眠不足などの生活習慣が問題になります。

けいれん性便秘の治療方法
けいれん性便秘の治療法としては、ストレスによる便秘の場合には、便秘の原因になっているストレスを解消することによって治癒します。また、睡眠をしっかり取って、規則正しい生活を送ることも必要になります。食生活の改善としては、香辛料や炭酸、アルコールなど、腸にけいれんが起こるような刺激のある物を摂取しないようにすることも必要です。

けいれん性便秘の初診に適した診療科目

けいれん性便秘の専門外来

けいれん性便秘に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ