機能性尿失禁キノウセイニョウシッキン

機能性尿失禁はどんな病気?
機能性尿失禁とは、排尿に関する組織や器官などには異常が見られないにもかかわらず、体や精神などに障害を抱えているために、トイレまで行くことができず、または間に合わずに死菌をしてしまうような現象を意味します。例えば、運動機能が低下しているために歩行が困難で、自分ひとりの力でトイレに行くことができないような高齢者に多く見られます。

機能性尿失禁の症状
機能性尿失禁においては、尿意を感じ、排尿の意思はあるものの、身体障害などの機能的な問題によってやむを得ず失禁してしまうわけですが、この疾患では失禁以外にはとりわけ問題が観察されないと考えられています。ただし、尿意があるにもかかわらず、自らの力で排尿することができないというストレスが、様々な心身症状を引き起こすことがあるといわれています。

機能性尿失禁の原因
機能性尿失禁とは、排尿機能が正常に機能しているにもかかわらず、身体的に尿をすることができない状態のことです。原因としては、運動機能障害があり介助無しでは排尿をすることができない場合や、認知症を発症しており自分の意思できっちり排尿できないような状態のために起こるのです。多くの場合、人の介助を受ければ政情に排尿することはできます。

機能性尿失禁の検査と診断
機能性尿失禁の検査方法としては問診と採尿検査などが主流です。問診によって日ごろの生活習慣と排尿状況と失禁状態の確認を行います。採尿検査では、尿を採取して成分を分析します。血球や細菌が含まれているかを調べるために尿失禁の記録を3日分は記録します。排尿回数や排尿した時間、失禁時の量を記録することで病気かどうかの判定を行います。

機能性尿失禁の治療方法
機能性尿失禁とは排尿機能は正常であるにもかかわらず、運動機能の低下や認知症の進行で排尿を今区で着ない状態のことを言います。この症状の治療法としては原因となっている運動機能の低下や認知症の治療をおこなうことである程度は改善します。しかし完全には通常排尿ができないので、このような症状の方は人の介助をうけて排尿を行なうことが望ましいのです。

機能性尿失禁の初診に適した診療科目

機能性尿失禁に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ