子宮復古不全シキュウフッコフゼン

子宮復古不全はどんな病気?
分娩後、子宮は収縮し、通常は6週間で妊娠前の大きさに戻りますが、産褥期に様々な原因で、それがうまく進まず、子宮の機能回復が遅れている状態を、子宮復古不全といいます。血性の悪露や、子宮出血が多量で、子宮は大きくやわらかく、子宮底が高いままです。産後の身体の回復の妨げになり、細菌感染や産褥熱にもつながるので、早目の治療が必要です。


子宮復古不全の症状
子宮復古不全の症状は産後の子宮体部の収縮が不良となり、悪露が長く続いたり出血量が増加したりします。また胎盤片などの残存物があると大量出血を引き起こします。通常は産後数日で悪露はすべて排出されますが、そうでない場合、子宮内に残存物を長い間残ったままにしておくと、胎盤ポリープを発症してしまう場合があります。また悪露滞留により最近感染や産褥熱を発症する可能性があります。

子宮復古不全の原因
子宮復古不全とは、子宮の収縮不全のために産後になっても子宮が元の状態に戻らなくなる状態のことです。この症状の原因としては、子宮内に胎盤片や卵膜片が残ることによって引き起こされる子宮の病気のことです。そのため治療法としては、子宮内に残っている胎盤片や卵膜片を取り除く手術を受けることでかなり改善されることが知られています。

子宮復古不全の検査と診断
子供を産んだあとの産褥期に子宮が異常に大きく軟らかく、子宮 底が高いという風に臨床所見により 子宮復古不全と 診断されます。検査方法は内診や悪露の状態を見ます。 内診所見や悪露に異常が認められた場合、 超音波断層法を行うことをおすすめします。これによ り、子宮の大きさや子宮のなかの残存物や子宮の中の血液などの貯留が、画像になり評 価されます。

子宮復古不全の治療方法
子宮復古不全とは、産じょく期に子宮が全体が大きいままで、収縮がうまくいかず血清悪露が増えてしまう事をいいます。この状態が続くと貧血を起こしてしまう可能性が高くなるので、治療を行う必要がありあます。その治療法としては、子宮収縮剤を一週間から二週間程度飲用すると、症状が治まる様です。貧血気味の人には、さらに鉄剤が処方されます。

子宮復古不全の初診に適した診療科目

子宮復古不全の専門外来

子宮復古不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ