精神・運動発達遅滞セイシン・ウンドウハッタツチエン

精神・運動発達遅滞はどんな病気?
精神・運動発達遅滞とは発達期に全体的な知能の発達に遅れがみられる病気です。とくに原因はなく、いくつかのケースがあります。軽度の知能の遅れや障害の程度の重い場合もあります。先天性や妊娠中は小頭症や水頭症の異常がみられたりします。分娩時は脳性まひをともなくことが多いです。後天的では発熱、けいれん、嘔吐などの症状があります。


精神・運動発達遅滞の症状
精神・運動発達遅滞は通常できるとされる年齢から遅れている成長状態を指し、主な症状は、首が座らない、座れない、自分の足で歩けない、飛び跳ねることができないなどの運動能力の発達の遅れと言葉を話すことができない、人とコミュニケーションが取れないなどの精神能力の遅れに分けることができます。少しでも成長が遅いと感じたら、かかりつけ医に相談の上、早期発見・早期療育が必要です。

精神・運動発達遅滞の原因
精神・運動発達遅滞は様々な疾患が原因で引き起こされる障害です。その疾患は、先天的な異常によるもの(例:ダウン症)、分娩時の異常によるもの(例:仮死分娩)、妊娠中の異常によるもの(例:母体の風疹)、後天的な異常によるもの(例:脳炎、脳腫瘍)に分類されます。疾患により日常生活が難しい人もいるので、周囲のフォローがとても重要です。

精神・運動発達遅滞の検査と診断
精神・運動発達遅滞の検査方法はいくつかあります。具体的には血液検査や尿検査などがあります。また脳のCTスキャンやMRIなどで異常がないかを調べます。心エコーや耳鼻科、眼科などの検査を受けたりしで総合的に判断されます。この中で血液検査が一番詳細に調べます。そのために検査入院をして精神面(言葉の遅滞)障害、運動面(独歩)の障害を調べます。

精神・運動発達遅滞の治療方法
精神・運動発達遅滞の治療法は、主に投薬治療になります。情緒不安定や奇妙な行為や、衝動的な行動をとったり、ストレスに弱く社会的にも、心理的にも、身体的にもあらゆる事柄に反応しやすい傾向があり不安や恐怖、困惑や怒りなどの複雑な感情を感じてしまったりするため精神安定剤や心理面の解決方法として遊戯療法を取り入れながら1年以上に渡って根気強く治癒していきます。

精神・運動発達遅滞の初診に適した診療科目

精神・運動発達遅滞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ