術後性上顎嚢胞ジュツゴセイジョウガクノウホウ

術後性上顎嚢胞はどんな病気?
術後性上顎嚢胞は、上顎洞の粘膜を全て除去する顎洞根治手術の後に、手術した上顎洞内に袋状の嚢胞が発生してしまう病気です。手術の傷が治る過程で鼻腔との通りが遮断されると、上顎洞内に閉鎖した空間が作られ、そこに分泌物が溜まって嚢胞が出来てしまいます。膿が溜まるために頬の腫れや不快感、歯の痛みなどが現われます。主に抗生物質の内服を服用して治療します。


術後性上顎嚢胞の症状
術後性上顎嚢胞の症状は、術後数十年してからあらわれます。最初は、頬や歯に違和感や痛み、重みを感じるようになり、やがて頬や顔が腫れてきます。再発する度に、痛みは激しくなっていきます。また、嚢胞がおおきくなるにつれて、眼球が圧迫されて眼球突出や複眼(物体が二重に見えたりなど)がおきたり、口蓋が腫れたりといったことがおこるようになります。稀に、副鼻腔炎(鼻づまりや鼻汁過多)が生じることがあります。

術後性上顎嚢胞の原因
術後性上顎嚢胞の発症原因は、副鼻腔炎の手術時に上顎洞や篩骨洞などの粘膜を除去しきれずに一部が残り、手術の傷の肉芽に取り込まれて閉鎖された空間をつくり嚢胞が発生します。また、傷が治っていく途中で鼻腔との通り道が閉ざされると、上顎洞の中に閉鎖された空間ができ、そこに分泌物が溜まって嚢胞ができます。手術後早くても数年、通常10年から20年後ぐらいに発症します。

術後性上顎嚢胞の検査と診断
術後性上顎嚢胞の検査方法は、まず問診で上顎洞手術の既往歴がないか確認します。また頬が腫れたり膿が溜まったりしているかどうか、視診します。X線撮影すると、上顎に術後に発生した肉芽が増殖して発生した閉鎖空間に分泌物が溜まった嚢胞が確認されます。またCT撮影によって上顎洞に一致した部位に、嚢胞を確認することもできます。また嚢胞に穿刺して内容物を検査することも重要です。

術後性上顎嚢胞の治療方法
術後性上顎嚢胞の治療法は、頬の腫れが少ない場合で、痛みも比較的軽い程度であれば抗生物質の内服薬だけで軽く改善してゆきます。しかし腫れが出ている場合には、嚢胞の内側の膿を出す必要が有りますので手術によって外科的に嚢胞の内容物を抜く処置をしなくてはいけません。口の中から切開をを行う方法と鼻から切開をして嚢胞を摘出する方法の二通り有ります。

術後性上顎嚢胞の初診に適した診療科目

術後性上顎嚢胞の専門外来

術後性上顎嚢胞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ