肛門裂傷コウモンレッショウ

肛門裂傷はどんな病気?
肛門裂傷とは、肛門が裂けて傷を負った状態を言います。酷い便秘でかたい便を出す時に肛門が裂けてしまう時があります。肛門が切れて出血を伴いますし、痛みもあります。時には自慰行為や興味本位ないたずらにより、肛門に異物を挿入してしまい、肛門が裂けて傷が出来てしまう事もあります。肛門は収縮性もある部分ですが、大変デリケートで傷付きやすい部分なのです。

肛門裂傷の症状
肛門裂傷の症状は、主に排便時の痛みがあります。硬い便の人や便秘がちな人は、排便によって肛門の粘膜に傷をつけたり切ったりします。一度切れると排便時に痛みだし、排便後も痛みが続くこともあります。また、排便を我慢し、さらに便が固くなり裂傷を繰り返すという悪循環で、慢性化すると潰瘍になり、炎症を引き起こしたり他の部位まで影響を与える恐れもありますので注意が必要です。

肛門裂傷の原因
肛門裂傷の原因は一般的に便秘です。便秘により硬くなった便を出すために力を入れすぎたために肛門の粘膜が切れてしまうことで引き起こされます。切れてしまうと痛みを感じるために便を我慢し、さらに便が硬くなり裂傷するという悪循環が見られる場合があります。女性や子供、高齢者と広い世代に見られ、食事習慣や服用している薬が関係している場合が多いです。

肛門裂傷の検査と診断
肛門裂傷の検査方法は、まず問診してどのように裂傷が起こったのかを聞いて、症状がどの程度なのかを判断します。慢性化していないかもここで予測します。次に肛門を触診して傷の具合を診断します。肛門の中の状態をもっと詳しく知るために、肛門鏡を肛門の中に挿入して、傷の状態を詳しく見て、潰瘍になっていないかもここでしっかり判別します。

肛門裂傷の治療方法
肛門裂傷とは、一般的には綺麗と呼ばれている症状のことで放置していると化膿してしまったりがん化してしまう可能性があるのでできるだけ早く治療を受ける必要があるのです。この症状の治療法としては、外科的に裂傷している部分を縫合して排便しても裂傷が広がらないようにする治療をおこないます。この治療を受ければ排便がかなり楽になります。

肛門裂傷の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

肛門裂傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ