ばね指バネユビ

ばね指はどんな病気?
手の指に起こる腱鞘炎の一種です。症状については、指を曲げたり伸ばしたりするときに、普通なら違和感なくできることが、ばね指の場合抵抗がありバネの様に動く症状で、曲げたり伸ばしたりするときに痛む場合があります。この原因は、指を使いすぎたことによって起こる関節の炎症です。鎮痛剤や湿布、レーザー治療で痛みを和らげることができます。


ばね指の症状
ばね指の症状は、靭帯性腱鞘という指を動かす機関が炎症を引き起こして腱鞘炎がひどくなったためにおこりますので、指の関節を動かしにくくなり、曲げ伸ばしするとかくかくという感じのぎこちない動きをします。これをばね現象と呼びます。このような動きに加わり、激しい痛みを伴います。その結果、生活においては雑巾が絞れないなどの弊害が出てきます。

ばね指の原因
ばね指の主な原因は、仕事や運動などで指を頻繁に使うことにあります。腱を包んでいる鞘に炎症が起こり、指の付け根に痛みや腫れが生じ、指を動かすことが困難になります。また女性にかかりやすい病気です。20代~30代の妊娠、出産の経験者、50代の更年期の世代に多く症状がみられることから、ホルモンバランスにも要因があると考えられています。

ばね指の検査と診断
ばね指の検査方法は、痛みがあるかどうかというところでまずは検査をすることになります。指を伸ばしたあとに、それをまた曲げようとすると痛みがでてくるので、それがあればこの病気を疑っても良いということになります。またエコー検査などをやってみて、腱の腫れがないかどうか、そうしたところもきちんと調査することによって、病気の確定へと至ることになります。

ばね指の治療方法
ばね指の検査方法は、痛みがあるかどうかというところでまずは検査をすることになります。指を伸ばしたあとに、それをまた曲げようとすると痛みがでてくるので、それがあればこの病気を疑っても良いということになります。またエコー検査などをやってみて、腱の腫れがないかどうか、そうしたところもきちんと調査することによって、病気の確定へと至ることになります。

ばね指の初診に適した診療科目

ばね指の専門外来

ばね指に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ