手あれテアレ

手あれはどんな病気?
手あれは乾燥等によって皮脂が奪われた結果起こる症状を総称して言います。ひびわれやアカギレ、皮膚の角質化、さらには炎症を起こし手湿疹になる場合もあります。手湿疹はアトピー性皮膚炎を患っている人や過去にアトピー性皮膚炎だった人が多くなる症例の一つです。治療法として一番大事なのは「保湿」です。炎症がひどい場合にはステロイドを使用することもあります。


手あれの症状
手あれの症状とは、まず軽いものであれば手が乾燥して白い粉がふいてくる程度です。しかし徐々に悪化する事により、指先や間接の皮膚が切れてきます。水を使用する時は大変染みて痛いです。更に悪化すると湿疹が現れます。酷い痒みもありますし、掻くことにより湿疹がつぶれて患部がじゅくじゅくになります。爪も弱くなり、直ぐに割れてしまいます。

手あれの原因
手あれの原因とは、洗剤やお湯の使用により手に存在する皮脂や水分を失う為です。手が良くあれやすいのは特に冬です。まず冬は肌が乾燥しやすい時期ですし、お湯の使用も増えるからです。そして台所で使用する洗剤は洗浄力が大変強いものが多く手の皮脂を取り去ってしまうのです。一度手荒れを起こすと、シャンプーやボディ石鹸を使用しても悪化してしまいます。

手あれの検査と診断
手あれは女性特に主婦で水仕事を日常的にこなしている人に多いと言われます。検査方法は特に無く、手のひらや指先の皮膚の状態やカユミや痛みなどの症状から、医師が判断します。つい軽くみて放置してしまいがちですが、悪化すると炎症がひどくなり皮膚が割れてしまうこともあります。早めに皮膚科へ相談しましょう。ゴム手袋の着用やハンドクリームによる毎日のスキンケアで、手荒れを防ぐ事も可能です。

手あれの治療方法
手あれ(進行性指掌角皮症)の治療法は、軟膏・ワセリン・ハンドクリームを使用する事が一般的です。水周りの仕事をする主婦・美容関連の人は、まめに塗る事で痛みを最小限に食い止める事が出来ます。手の脂を残す事も大切であり、食器を洗う時はなるべく強力な洗剤ではなく天然由来の物を使うと良いでしょう。ゴム手袋を使うと治りが早くなります。

手あれの初診に適した診療科目

手あれの専門外来

手あれに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ