先天異常センテンイジョウ

先天異常はどんな病気?
先天異常とは、生まれながらにして持っている、外見や体内に異常が認められた病気や疾患、欠損を言います。例として、外見の場合は、手や足などの指は通常は、5本ですが、5本以下などの場合がそうです。また、体内の心臓などに、雑音が聞こえるなども、同じように先天の異常です。このようにして、お腹のなかにいる時点である奇形や疾患を言います。


先天異常の症状
先天異常の症状としては、幼児に生まれつきある身体的な欠陥や、精神的な障害のことです。一般的に多いのは心臓器官の欠陥で、ほかには唇がたてに裂けてしまっている口唇裂、口蓋やダウン症などの病気もあります。身体にあるべき器官の欠損や、精神的な異常によってストレスを得る場合もあるため、つらくなったり未来に希望を持てなくもなります。

先天異常の原因
先天異常が発生する原因は、様々なものがあります。ですが、どの要因も基本的には胎児のうちに与えられた影響です。まず遺伝的な問題で、先祖代々脈々と引き継がれてしまう異常があります。外部からの働きかけによる異常の場合は、公害の影響や妊娠時の飲酒喫煙・または衝撃によって、異常を来す場合があります。薬の服用方法を誤った場合なども、胎児に影響が出ます。

先天異常の検査と診断
先天異常の検査方法については、脳の中身をスキャンする必要があるものでありますので、精密な検査ができるようなところでしか受けることができません。また、脳のスキャンをすることができたとしましてもその成功率は限りなく低く、見つけることは難しいので、脳のスキャンを何度もやっていくのが検査の方法として、もっとも適切なものであります。

先天異常の治療方法
先天異常の治療法は、様々な部位による異常があるため一概に定義されているわけではありませんが、手や足の場合は多くの場合外科手術によって改善する場合が多くあります。また、精神的な面出の異常については、早期の発見によって投薬療法を早い段階から行うことによって改善する場合が多いです。また、部位的な手術のため命に関わる危険性も高くないのも特徴です。

先天異常の初診に適した診療科目

先天異常の専門外来

先天異常に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ