漿膜下筋腫ショウマクカキンシュ

漿膜下筋腫はどんな病気?
漿膜下筋腫とは、どのような病気でしょうか。子宮筋腫の種類の一つで子宮の部位によって様々に呼ばれ方が変わってきます。また治療法もその部位によって変わってきます。子宮口の内側に出来る筋腫は体部筋腫と呼ばれ、子宮の頸部、つまり膣口から子宮口までの部分に出来る筋腫は頸部筋腫、そのうち髄膜下に出来る筋腫のことを指しています。これら複数の部位にいくつか発症している場合もあります。

漿膜下筋腫の症状
漿膜下筋腫は、症状があまり出ないとされていますが、不正性器出血が引き起こされる場合があります。こうした性器出血によって、貧血や子宮内の筋腫が垂れ下がり子宮頸管から膣へと脱出した状態である筋腫分娩が引き起こされます。また、筋腫が大きくなると、筋腫が周辺臓器を圧迫することで水腎症・排尿障害・便秘・腰痛が引き起こされることもあります。

漿膜下筋腫の原因
原因として挙げられるのが、筋肉細胞のエストラジオールです。このエストラジオールが体内に過剰な量溜まってしまっている場合、または標準値であっても感受性が強く、エストラジオールに過敏に反応してしまう場合、またはその両方として過剰な量のものに過敏に反応してしまうということも考えられます。漿膜下筋腫の発症の引き金になるものはまだはっきりしていませんが、女性ホルモンが強く関わっていることは確かです。

漿膜下筋腫の検査と診断
漿膜下筋腫の主な検査方法としては、初期は視触診によって行なわれます。進行した症状はしこりのような状態になっていて、触って分かることが多くなります。その為、進行して大きくなれば、視触診でも容易に診断が可能です。又、血液検査でヘモグロビンの濃度を調べることで、的確に診断することも可能で、この血液検査でより詳細な病状が把握出来る為に、早期発見に有効な方法となります。

漿膜下筋腫の治療方法
漿膜下筋腫の治療としまして、お腹も子宮も傷つけないで、内視鏡を使って、子宮の内側にある筋腫だけを取り除く治療法があります。従来の手術によりますと、子宮層を切り開いて筋腫を摘出し、切った箇所を縫合して閉じるというものでした。子宮鏡手術は、膣から子宮口を経由して内視鏡を入れて、先端の電気メスで筋腫だけを取り除きます。子宮層へのダメージはありません。

漿膜下筋腫の初診に適した診療科目

漿膜下筋腫の専門外来

漿膜下筋腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ