糖尿病性壊疽トウニョウビョウセイエソ

糖尿病性壊疽はどんな病気?
糖尿病は、膵臓でインスリンが十分な量を生成されなくなってしなっている状態で放置すると腎障害、神経障害、末梢の壊疽が起きる病気のことです。末梢の壊疽は、糖尿病性壊疽と呼ばれている症状のことで血液の血糖値が高すぎて血管が破壊され細胞に血液が行き渡らなくなり細胞が壊死してしまう症状のことです。特に足の指が壊疽する古ことが多いのです。


糖尿病性壊疽の症状
糖尿病性壊疽が発症すると、神経、血管、免疫機能に様々な障害をきたします。血中の糖濃度が高いため、血管や神経にダメージが与えられ、血流が悪くなったり、外傷が膿みやすくなったりします。神経のダメージが多いと足が麻痺してしまい、痛みを感じなくなることもあります。そして免疫機能が低下すると、様々な感染症にかかりやすくなり、壊疽などがおきやすくなるなどの症状があります。

糖尿病性壊疽の原因
糖尿病性壊疽を招いてしまう原因には、大きく分けて二種類あります。一つ目は動脈硬化などによる血管障害によるものです。血液の流れが悪くなると傷の治りが悪くなり、壊疽を引き起こしてしまうのです。二つ目は神経障害によるもので、知覚神経が麻痺をしてしまい怪我や傷に気づきにくいことから、それを放置してしまうことで引き起こされます。

糖尿病性壊疽の検査と診断
糖尿病性壊疽の検査方法としては、特定の菌への感染の有無を確認する必要があります。又、この病気の検査では、血行障害を診断します。この感染による診断方法では、菌の種類が重要な要素で、血行の障害があるケースでは皮膚の検査と動脈の造影による検査が必要になります。糖尿病では軽度の足の血圧の低下でも注意が必要で、動脈の造影検査を用いて、この病状を詳しく分析する事が必要になります。

糖尿病性壊疽の治療方法
糖尿病性壊疽の治療法についてですが、壊疽が起こった部位の細胞は再生することは不可能ですので、原則的にはこれ以上病状が進行しないようにするための方法が採用されます。根本的な原因となっている糖尿病の治療を行うことはもちろん必要ですが、壊疽が進行しないように、神経障害や血管の障害を抑えたり性でありするための措置が図られます。

糖尿病性壊疽の初診に適した診療科目

糖尿病性壊疽の専門外来

糖尿病性壊疽に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ