頭蓋骨骨折ズガイコツコッセツ

頭蓋骨骨折はどんな病気?
頭蓋骨骨折は文字通り頭蓋骨の骨折です。頭蓋骨は概ね球体であり衝撃を分散する為滅多な事では骨折しませんが、交通事故など強い衝撃が加わった場合は骨折が起こります。骨折の形態は主に3つで、陥没骨折、線状骨折、頭蓋底骨折に分けられます。症状・状態についてはだいたいその名が示す通りですが、頭蓋内部に硬膜外血腫を伴う場合もあり十分な検査が必要になります。


頭蓋骨骨折の症状
頭蓋骨骨折が起こると、いろいろな症状が観察されます。その中の一つとして代表的なのが、まずは痛みであるといえます。そのほかにも、ほかの部位の骨折と同様に、発熱などが生じることもあります。また稀にではありますが、骨折に伴うショックを呈することがあります。頭蓋骨の骨折に伴って、内部の脳が障害を受けている場合は、より重篤な現象が起こります。

頭蓋骨骨折の原因
頭蓋骨骨折の原因については、骨折部位への直接的な衝撃で骨折となって起こっていく事が多くなっています。乳幼児などの場合にはおこりやすくなっているものがあります。また大きな外力が加わってしまいおこっていくものです。また多くの場合には、打撲によっておこることがおおくなっています。また交通事故などもおこるような場合もあります。

頭蓋骨骨折の検査と診断
頭蓋骨骨折の検査方法はレントゲンを使って撮影する方法が一般的です。通常の骨折と同じように患者をレントゲン室まで運び骨折の有無を確認します。レントゲンの他にはCTで異常を確認することがありますがわかりずらいことも多く髄液が頭部近くの耳や鼻から出ていれば骨折の疑いと判断し体液を測定して成分を見ていきながら調べていくこともあります。他にはMRIによる検査で調べることもあります。

頭蓋骨骨折の治療方法
頭蓋骨骨折の治療法について、骨折の治療には特別な治療があるわけではく自然になおっていくものになっていきます。数ヶ月のあいだには再び打撲などがおきないようにしていくことが大切になってきます。治療する場合には、受傷した当日には、経過観察などのために入院をしていく必要がでてきます。特に問題ない場合には1泊2日の入院で大丈夫です。

頭蓋骨骨折の初診に適した診療科目

頭蓋骨骨折の専門外来

頭蓋骨骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ