卵管閉塞ランカンヘイソク

卵管閉塞はどんな病気?

卵管閉塞とは、何らかの原因で卵管の両側または一側の内腔が閉塞して疎通性が失われて詰まっている状態です。卵管が詰まってしまうと、受精卵や精子が通過しにくくなり、不妊の原因となります。
卵管の閉塞は種々な原因でおきますが、最も多い原因はクラミジア感染症です。
症状がほとんどないため、不妊治療を受けるために受診して初めて卵管閉塞ということを発見する場合が多いです。



卵管閉塞の症状

卵管閉塞自体に症状はほとんどありません。ただクラミジア感染症が原因の場合は慢性化して炎症が広がり、おりものや腹痛、出血などの症状が出ることもあります。
症状がほとんどないため、病院で不妊治療の検査をして初めてわかるという場合が多いです。



卵管閉塞の原因

卵管は鉛筆の芯のように細く、なんらかの原因で炎症が起こると、詰まってしまったり、内腔がせまくなってしまったりします。その原因となる病気として、卵管周囲炎や子宮内膜症、性感染症、卵管水腫などが挙げられますが、不明な場合も多くあります。
最も多いのはクラミジア感染症によるもので、細菌が卵管に入り、炎症を起こし卵管炎を起こすことで、卵管閉塞が起きてしまいます。



卵管閉塞の検査と診断
卵管閉塞を調べる為に一番多く行われている検査方法が「子宮卵管造影検査」というものです。
その方法ですが、まず子宮口にカテーテルという特殊な管を入れます。
その後、様子を見ながらエックス線に反応して白く写る造影剤というものをゆっくりと少しずつ注入し、その直後と時間を置いてからレントゲン写真に撮る事で、卵管から腹腔内に造影剤が拡散して行く様子を調べる事が出来ます。

卵管閉塞の治療方法
卵管閉塞の治療法には、2種類あります。1つ目の方法は根本的に卵管の閉塞の改善を試みるもので、手法としてはFTカテーテル治療と通水治療があります。
FTカテーテルは細い管であるカテーテルを挿入して、卵管にてバルーンを拡張させて開通させるものです。通水治療は子宮の入り口からカテーテルを挿入し、造影剤などを注入し、その圧力で卵管を開通させるものです。
2つ目の方法は、卵管閉塞の治療ではなく、それによる不妊の治療となりますが、体外受精を行うことです。

卵管閉塞の初診に適した診療科目

卵管閉塞の専門外来

卵管閉塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ