歩行障害ホコウショウガイ

歩行障害はどんな病気?
歩行障害とは、人間が移動するために、歩行をして自分の意思で行きたいところに移動しますが、その動作が、何らかの原因によって、発症する病気となります。発症した場合、正常に歩行することが出来なくなる病気となります。そのため、車椅子生活になる場合がおおいのですが、現在の医療技術は進歩しており、治療方法においても様々な対処法が出来ており、症状を遅らすことや、停滞させるような事も可能となってきています。


歩行障害の症状
歩行障害と一言に申しましても、その症状は色々とございます。歩く時に下肢がつっぱって歩きにくくなったり、首が前に屈曲して小股で歩くようになったり、自分の意思とは無関係に体や四肢が勝手に動いてしまったり、身体を左右に振りながら歩行してしまうなど様々です。原因も同様に様々ですので、医師と相談した上で適切なリハビリテーションを続ける必要があります。

歩行障害の原因
歩行障害の原因は、非常に多数あります。脳血管障害、脳腫瘍、ハンチントン舞踏病、脳性麻痺、パーキンソン病、筋ジストロフィー、アルコール中毒、この他にもたくさんあります。単純な老化でも発症する可能性があり、歩行しにくいものは全て障害といえます。血液、骨髄、脳機能の低下、筋力低下などが単体で起こることもあれば、複合して起きることも多いです。

歩行障害の検査と診断
歩行障害の検査方法としては、発症を詳しく教えて頂くことことから始まります。今までにかかった病気や家族からの遺伝性などを関係性を調べて、内科の診察や神経内科の診察をしてのちに、考えられる病気を整理して、必要な検査をします。例えば、血液の検査や尿の検査、骨髄の検査、レントゲン検査、CT検査、脳波やMRI検査などがあります。

歩行障害の治療方法
歩行障害の治療法は、どういった理由で障害が出ているのかによって異なります。改善できるケースは多いですが、完治できるケースは少ない傾向にあります。いろいろなケースがあり、パーキンソン病の影響で歩行に支障が出ている場合は、完治は不可能に近いです。逆に痛みに耐えれば、普通に歩けるといったケースもあります。その場合は痛みを取り除くことが、治療行為となります。

歩行障害の初診に適した診療科目

歩行障害の専門外来

歩行障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ