微弱陣痛ビジャクジンツウ

微弱陣痛はどんな病気?
子宮の収縮力が弱く、陣痛の持続時間が短 く、陣痛をまつ時間が長い場合をいいます。分娩の進 行の程度は、医師や助産師が行う内診に よって判断されます。正常な分娩の経過では、 陣痛は次第に強くなっていき、それ とともに分娩は進んでいきますが微弱陣痛の が続くと母体の疲労が増えて 、分娩が長くなり 順調 に出産できる可能性が低くなってしまいます。


微弱陣痛の症状
微弱陣痛の症状とは、正常な陣痛は次第に強く間隔も短くなりますが、この場合陣痛が弱くなります。陣痛は出産の為には大変大切な動力になりますが、これが弱くなると子宮収縮が起こる間隔も長くなり出産が長引いてしまいます。陣痛の痛みが長期間続く事により、母体は疲労と痛みにより負担がかかりますし、お腹にいる子供にも負担をかけてしまいます。

微弱陣痛の原因
微弱陣痛の原因には様々なものがあります。まず母体の出産前の体調管理です。睡眠不足や栄養不良です。そして骨盤の狭い、太りすぎです等です。そして産まれてくる子供が大きすぎたり、未熟であったり、双子等の場合にもなります。そして出産に対する恐怖や緊張等の精神的なものも陣痛に影響を与える事があります。そして母体がもつ持病が影響する場合もあります。

微弱陣痛の検査と診断
微弱陣痛の検査方法としては、まず産道や胎児の状態に問題があって分娩が進行していないのか、それとも陣痛が十分に強くないから進行しないのかを調べます。産道や胎位などに問題がなければ内診で子宮内の圧力(内圧)を測ります。但し、内圧を測るのは困難な場合が多くあまり現実的ではないので、そのときは超音波検査やX線検査、胎児心拍数陣痛図を調べるなどの外測法を用います。

微弱陣痛の治療方法
微弱陣痛の治療法とは、まず母体に起こる陣痛が弱くの間隔が長いと判断された場合には、陣痛を促進させる子宮収縮剤を使用しての出産となります。しかし出産時間が長引いて母体が疲労してしまい、子供や母体にも命の危険がある、と判断された場合には自然分娩を中断して緊急帝王切開を行います。腹部に直接メスを入れて子供を直接取り出します。

微弱陣痛の初診に適した診療科目

微弱陣痛の専門外来

微弱陣痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ