骨嚢腫コツノウシュ

骨嚢腫はどんな病気?
骨嚢腫はこつのうしゅという読み方で骨髄に血清状の液体が骨の内部にたまり骨の内部の密度がなくなりスカスカになります。骨の中に水が入ったような状態になると痛み出し骨が脆くなってくるのでちょっとしたことで折れやすくなってきます。かかる年齢は未成年者が多く大たい骨や上腕の筋肉を支えている骨に痛みを感じるときや骨折するなどが原因でわかることがあります。


骨嚢腫の症状
最近、話題になっている骨嚢腫の症状とは、一般的に軽く転倒した時などに軽く手で、自分の体を支えようとして地面に手をついたときに、その手が簡単に折れて腕を骨折してしまうといったような類のものです。つまり、体を支えてる骨が柔らかく、更にもろくなってしまうのです。骨がもろく、力も出しづらいため日常生活に影響が出てくる人もいます。

骨嚢腫の原因
骨嚢腫の原因は、いまは不明とされています。骨の内側ななんらかの理由で徐々に空洞化してゆき、そこに血液の上澄み液がどんどん溜まっていき、その結果として骨が膨らむのですが、この空洞がいったどうしてできてしまうのか、そしてそこにどうして血液の上澄み液、血清と呼ばれているものですが、これが入っていくのか、まだまだ解明されていないのです。

骨嚢腫の検査と診断
骨嚢腫の検査方法は、一般的にはX線による検査や、またはCT、MRIなどの画像診断によるものが利用されています。こうした画像検査をすると、体内におけるいろいろな異常がはっきりとわかるようになるのです。この病気の場合には、体内の骨の中身が空洞になるという形に変化しているので、きちんと画像をとってみれば、その空洞というものがハッキリと読み取れます。

骨嚢腫の治療方法
骨嚢腫の治療法としては、症状やX線やCT、MRI検査の結果で変わってきます。特に病的骨折を起こす危険性がなければ、そのまま経過観察という判断にもなり治療しない事もあります。治療では、皮膚に鋼線を刺し、嚢腫の壁に複数の穴を空けて、嚢腫内にステロイド薬を注入する方法が一般的な治療です。切開で骨の嚢腫の壁に空中のドリルをいれる方法もあります。

骨嚢腫の初診に適した診療科目

骨嚢腫の専門外来

骨嚢腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ