黒色便コッショクベン

黒色便はどんな病気?
黒色便とは、別名をタール便と呼び新しい道路を舗装した後の色に似ています。なぜ出血するかというと、消化器官の胃や十二指腸から出血しているからであり、病気の前兆として見る事が出来ます。短期間の黒い便なら経過観察で問題ないのですが、数週間にわたって続くようになると重篤な消化器官の病気を疑った方が良いでしょう。仮にそうなったら、消化器外科・肛門科といった専門医に相談する事をおすすめします。

黒色便の症状
黒色便とはどのような症状かというと、名前の通り、便が黒くなることです。通常、便の色は、茶褐色が一番健康的な色ですが、食べ物の影響を受けたり、ウイルスによってなど、形や色は多少異なることはありますが、黒色の便が長期間続く場合には、大腸の重大な病気の可能性が高いので注意が必要です。また、貧血の薬を内服している場合も薬の影響で、便が黒くなるので、その場合は気にする必要はないです。

黒色便の原因
便秘により体内に長期間留まっていた便も黒色になりますが、病気や薬が原因で黒色便が出ることもあります。まず薬ですが、貧血により経口鉄剤を処方された方に起こりやすいです。鉄が体内で酸化することで便からの排出時に黒くなるため、服用が終わると元に戻ります。病気では胃や十二指腸など上部消化器官での出血の疑いがあります。血液が時間と伴に酸化していき黒くなり、便と一緒に排泄されるためです。

黒色便の検査と診断
黒色便の症状が出た際の検査方法について、どこからの出血であるかを特定する為に、何種類かの検査を行います。まずは、実際に便に血が混ざっているのかどうか、便潜血検査をします。便潜血がみとめられたら、どこからの出血かを特定する為に、内視鏡検査を行います。胃カメラ、大腸カメラによって、ほとんどの人が出血箇所を特定することができます。

黒色便の治療方法
黒色便の治療法は、病気の種類で様々に異なりますが、胃炎や胃潰瘍の場合には、薬を服用することで改善します。また、マロリー・ワイス症候群は、経過をみながら安静にしていることで改善します。その他、静脈瘤の破裂の場合には、食道内に特殊な風船を入れて膨らませることで、出血している箇所を内側から圧迫することにより止血をする治療方法がとられます。

黒色便の初診に適した診療科目

黒色便に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ